藤子・F・不二雄の『F』は、SFの『F』「藤子・F・不二雄のSF(すこし・ふしぎ)短編シアター』/藤子・F・不二雄(原作)/1990年/アニメ/感想

 世界的にも人気な「ドラえもん」を産んだ”藤子・F・不二雄”先生。他にも沢山の子供向け作品を残して下さいました。

 若干頼りない主人公、良く気がつくヒロイン、ヒョロヒョロな坊ちゃんタイプ、ガッシリした体力担当が組み合わさった黄金比は、多くの藤子作品にとって欠かせ無い要素でもありましたねw


 そんな藤子さんですが、結構SFがお好きだったようで、色んなSF小説に影響を受けた事が見て取れるSF短編漫画もかなり描いてらっしゃいました。ストーリーの練り込みは少し甘いところがありますが、その『少し』が肝だった藤子SFワールド。

 ベタで子供にも分り易くSFのハラハラドキドキする空間を楽しませてくれる短編作品は、いつもの子供向け漫画とは一味違った藤子さんの真剣さを感じさせられました。

 
 ところが、そんな素晴らしい藤子・F・不二雄さんのSF短編をアニメ化したOVAが、まったくDVD化されていないのです......



 『藤子・F・不二雄のSF(すこし・ふしぎ)短編シアター』と銘打たれた全6巻で11話分作られた同シリーズ、LDとVHSで発売されていたようで、VHSはアマゾン等では高値で取引されています。

 僕は子供の頃に、テレビで放送された時に第4巻の「みどりの守り神」と「絶滅の島」を観ただけなので、今更観たくて仕方無いw昨日は当時VHSで録画してのをDVDに焼いて保存してあったものを観直していました。これ監督は”出崎哲”さんだったんですね!故・”出﨑 統”さんのお兄さんです。有名なアニメ作品としては、手塚さんの「海底超特急マリンエクスプレス」や「11人いる!」「うる星やつら 完結篇」等があります。結構「11人いる!」なんかは、弟さんのテイストに近い作品でしたね♪

 話が脱線しましたが、他にも僕らには馴染み深い”望月智充”さんや”高本宣弘”さんが各巻の監督を努め、しかも制作スタジオまで違ったりするのが面白いww

 最近影の薄いOVAですが、あの頃はチャレンジ精神に溢れた素晴らしい市場でしたね....

 少々マニアックでも、イケル!と思ったコンテンツを意欲的にアニメ化してどんどんお茶の間に投入してくれていましたから。OVA市場が無ければ、「天使のたまご」も「銀英伝」も「パトレイバー」だって日の目を見なかったかもしれません。

 この藤子先生の短編だって、OVAと言う存在あってこそ実現した映像化でした。ただただ、コンビニや量販店に並び消費されてゆくような存在ではなく、採算は後回しでも作り手の熱意だけは忘れない、そんなアニメ市場がこの先も残っていって欲しいものですなぁ......


 とりあえずまだ見ぬ藤子SF短編アニメを求めて、ヤフオクを徘徊して来ます(ゝω・)vキャピ☆



もう見れない良い光景だね....

この記事へのコメント