今更アニメ生活二日目。「TIGER & BUNNY」/さとうけいいち(監督)/サンライズ/2011年/アニメ/感想

 タイバニタイバニと、微妙に語感が悪い略し方に嫌な感じがして、1話目を見逃してから再放送がアニマックスで放送されるまで、まったく観ずに来ました。でもまぁ、あまりにも人気が加熱していたので、ひねくれ者な僕も流石にいつか観ようと想ってはいたんです。

 しかしこれほど面白い作品だったとはw正直ちゃんと観とけば良かった....



 堂々と実在する企業の名前を入れたスーツを着込み、犯罪者と戦うヒーロー達。その活躍を架空の番組「HERO TV」で放送すると言う設定は、モロにアメリカ好みのノリですが、元になるキャラ絵を「ZETMAN」でダークヒーロー漫画に磨きがかかった”桂正和”氏が描いているので、日本人も好むデザインのアメコミヒーローに仕上がっているのが上手かったと思います。

 ここまで大々的にスポンサー名を入れた映像作品は、日本では無かったんじゃ無いですかね?実写は良く知りませんが、アニメに関しては、エヴァのUCCコーヒーみたいな、ピンポイントで見切れるくらいの物だったはず。アニメに限らずスポンサー集めが大変なテレビ業界の、新しい広告戦術が、アニメにも上陸したのかもしれません。しかもタイバニは、作品内容とマッチした広告の入れ方だったので、素晴らしいモデルケースになった事でしょうww


※タイアップや小ネタの量が半端ないw
 

 それから世界中の腐女子が悲鳴をあげた ”ヒゲ面オッサン×眼鏡イケメン” のチチクリ合いなんですが、これも絶妙な組み合わせでしたねw

 バカで、ドジで、ガサツで、どうしようも無いおせっかい野郎な”ワイルドタイガー”を、初は足手まといにしか思っていなかった孤独なハンサム”バーナビー”が、紆余曲折の果てにタイガーの愚直なほどの包容力に堕ちてゆく姿は、まさに恋.........♡|∀〜).。oO(スキナンダロ?.....

 人から聞いた話じゃ、最初のターゲットはタイガー(虎徹)と同じ年齢の男性層が狙いのアニメだったそうですが、この組み合わせがあまりにもハマり過ぎて、完全に女性層がメインになってしまいましたねww 勿論彼等以外のキャラも個性的で良いキャラばかりなので、けしてタイガー×バニーだけの魅力ではありませんがwww


 キャラだけではなく、シナリオ面でもヒーロー物を熱くする展開を見せてくれたタイバニ。まだ未解決のあの組織との戦いが、今年公開予定の劇場版でどう決着するのか楽しみです♪(*´∀`)



 シリアスな展開の後でもこのテンションが可笑しかったw



公式HP http://www.tigerandbunny.net/

この記事へのコメント