今回は、宇宙戦艦×BLの娯楽SFだっ!「天冥の標Ⅲ アウレーリア一統/小川一水/早川書房/ハヤカワ文庫JA/2010年/小説/感想」

 こつこつお昼休みに読んでいた「天冥の標」も、気付けば4冊目、シリーズ三つ目の「天冥の標Ⅲ アウレーリア一統」まで読み終わりました。

 毎度違った要素を入れてくれる小川さん。今回は、これぞ娯楽SFと言える宇宙戦艦ものでした。


 宇宙に蔓延る海賊を狩る、若きアウレーリア家の当主"サー・アダムス・アウレーリア"が、人の手に余る未知の遺産”ドロテア・ワット”を廻る戦いに身を投じてゆくのですが、そこに色んな勢力の思惑が絡みもつれ合うのがまたたまらないwそこには主役に試練をたっぷり与え、最後に出て来るスィーツを美味しく食べてもらおうと考える、作者の調教姿勢が見え隠れしているような気がするとかしないとか♡ヒーローのピンチと復活。これは燃える展開に絶対外せない要素ですよねw

 宇宙船同士の戦闘や、肉弾戦の緻密さも光っていました。SFに欠かせ無い宇宙ならではの戦い方、自分なりに想像するのが楽しくて仕方無いww

 ついでに絶世の美男子アダムスの一族(酸素いらず(アンチ・オックス))の性的設定から、凄くBL色の強いノリになっており、その手の方面が好きな方も絶叫するほどの相関模様もたまりませ〜ん♪小川さん絶対萌えエロ要素は外さなくて素敵♡壁|∀`)じ〜

 

 天冥の標Ⅰでのあの2人にダブって見える主役であるとか、いままでどんな存在なのか、その目標は何なのかが分っていなかった”ダダー”の目的も徐々に見えて来たりと、シリーズ既読の方には見逃せない巻でもありましたが、この一冊だけを読んでも非常に楽しめる娯楽性の強い作品になっていると思います。

 ちょっとSFは苦手だなぁ...と、敬遠している方にもオススメです♪特に腐女子の方にはちょーオススメwまずはここから読んで下さい。そうすれば自然とシリーズ全部をチェックしてみたくなる事でしょう。


 次は哀しき愛の機械達が主役の巻。今度はどんなテイストにまとめられてゆくのかが楽しみです♪新たな事実も明らかになる事でしょう。

 また、昼寝の時間が無くなってゆく予感.....

IMG_0780.JPG

この記事へのコメント