懐古趣味だと言わないで...

 僕達は、今とても便利で複雑な世界で映像作品を楽しんでいる。

 ほとんどの機器がネットに繋ぐ事を前提に設計され、好きな物を好きな時に好きな場所でたのしめる。

 携帯でもタブレットでもゲーム端末でも、各社メーカーの差はあるが様々なサービスをネット環境を通じて配信している。20年前にはDL配信が当たり前の世の中になるとは思っていなかった。テレビでさえ一家に1台の時代だったのだからw

 このままネット配信が主流になってゆくと、衰退している音楽CD同様、DVDやBDもいつかは姿を消し、レンタル産業も廃業かもしれない。

 「栄枯盛衰」

 いつの時代も栄えては、衰える。

 最先端と思っていた物が、いつの間にか流行遅れのポンコツに早変わり....

 なんだか切ないねぇ....



 時代の流れが淋しいからってわけじゃないけれど、今LDにハマってますw

IMG_0690_convert_20120214064321.jpg

 数年前に知人からLDのデッキ譲り受け、手持ちの「ここはグリーンウッド」だけは再生してみた事はあったものの、それ以来ホコリをかぶったままにしていました。


 そんなある日、「吸血鬼美夕」のOVA版を観たくなり、色々チェックしてみたのですが、レンタルには在庫が無いし、DVDの販売もまだまだお値段の方が高め.... それならばとLD版を買ってみる事にしたのです。


 中古のLDを調べているうちに、「駿河屋」にぶちあたりました。いままでに何度も使わせていただいているサイトさんではありましたが、流石にLDは未チェックでしたwこれが凄く安いんです!有名な作品で販売本数が多いLDなら100円以下で購入可能なうえ、合計金額が1000円以下なら300円、2000円以下なら250円、3000円以上なら送料無料なのも助かります♪

 ヤフオクなどで買った場合、数百円から千円単位で送料を要求される事もありますから、非常に良心的な価格設定だと思います。しかも在庫も豊富で選び放題wwwその後も10点以上駿河屋さんに注文してしまいました♪

 でもねぇ、本命の美夕が届く前に、ヤフオクで買ってしまった「王立宇宙軍オネアミスの翼」が届いてしまったので、先に観ちゃいましたw

 いままでに何度も何度も観て来た、今更語る必要の無い名作です。

 ぐーたら男が不純な動機から宇宙にゆくという目標を決め、現実と理想の狭間に苦悩しながらも、自分なりの答えを見出し、全てのしがらみから旅立ってゆく姿がめちゃくちゃしびれる劇場アニメ作品でしたね。
 
 当時ここからのし上がって行こうと決めていたGAINAXのメンバー1人1人の力強い意思が乗り移ったかのような、緻密で躍動感のある名作を、BD版が出ている中あえてLDで観ようと言う心意気を買って下さい♡

 でも僕的に、このアナログなLDの色合いが好きなのは確かです。LDの画質は、けして悪いものではありません。ただDVDのように圧縮しない分ディスクが大きい事。古いデッキだとディスクをいちいち裏返さなければならない事など、画質の良さの反面、使い勝手が至極悪かった....

 ただし高画質で映像を出力出来るLD後期のデッキならば、DVDより綺麗に感じるほどだそうだ。残念ながら、僕のデッキは貰い物の古い型なので、綺麗さを実感出来ないけれど(´-`).。oOいつか欲しい....



 しかし当時の作品を、当時そのままの映像で観るのも味があって悪く無い。

 色合いもノイズも音声も、馬鹿デカイディスクの入れ替えとジャケットの存在感も、怖いくらいに大袈裟な音をたてて暴れるLDデッキも、全ての不便さが初めてこの作品を観た時の感動を思い出す鍵になる。それがスマートで綺麗になったら、想い出までさっぱりと漂白されてしまいまそうだw


 時代に逆行してると言われても良い。便利で複雑な今の世界だからこそ、シンプルに世界を観ていた自分を思い出したい時もあるのです....

IMG_0692_convert_20120214064439.jpg

この記事へのコメント