その女、危険につき...「ドラゴン・タトゥーの女/デヴィッド・フィンチャー(監督)/米国/2012年/映画/感想」

 ヤバイっす!


 冒頭のタイトルバックからして、スタイリッシュ過ぎて鳥肌立つほどなんです!!


 散々予告でも聴かされてるテーマ曲に合わせて流れる異形な美しさは、それ自体が一つの芸術として完成されていましたよ♪


 この時点で御飯3杯いけますw



 本編に入ると、序盤は緩やかに進んでゆきます。ダニエル・クレイグ演じる"ミカエル"と、ルーニー・マーラが良い味を出していた”リスベット”を個々に描いていく感じ。一応本筋はダニエル側ですが、終盤に近づくうちに、観客はリスベットが気になって気になって仕方無くなっているはず。


 特殊な環境で育ち、やる事はバイオレンスなのに、何処か怯えるような眼差しをしているリスベット。不幸が勝手にノックして来そうなほど幸が薄い彼女の辛い現実と、それに対する彼女の答えの出し方がなんとも言えず、痛くて怖くて哀しくて....


 ラストもちょっぴり切ない幕切れが待っています。身体中入れ墨とピアスだらけだけど、ああ見えて結構ウブなのよね彼女......



 ちなみに、もう続編は決まっていて、スウェーデン版と同じく三部作になるようです。今後ミカエルとリスベットの関係がどうなってゆくのか?リスベットに幸せな日々はやって来るのか??今回の終わり方を想うと、彼女の今後が気になって仕方無いw





 そして、いつかのデヴィッドフィンチャーが戻って来たかのような、狂気とエロスがやばい作品でもありました。久々ですよモザイクが入る映画観たのwCGでの修正も出来ただろうし、カメラアングルで誤摩化す事も出来たのに、あえてそうしなかったフィンチャーの非凡さを感じます。


 この映画の生々しい性は、どろどろした人間の闇がまとわりつく感じがして、たまらなく背徳心をくすぐります。これは作品自体のテーマにも繋がる見事な描写だと言えるでしょう。人間の本質を曝け出すのが上手いデヴィッド・フィンチャーならではです。



 過激で衝撃的なシーンが多いですが、ミステリー物としても秀逸。何年も昔に行方不明になった少女を殺したのは一体誰なのか?僕はなんとなく展開が読めてしまいましたが、謎が謎を呼ぶ脚本は良い仕上がりでした。原作もスウェーデン版の映画も見ていないので、何処までがアレンジなのかは分りませんがw



 二時間半弱と、少々長めな映画ですが、ここで語り切れないほど見所満載な作品なので、まったくダレる事無く楽しめると思います。続編が待ち切れないぞ♡(*´∀`)





特報のPVもかっこいいけど、本編のタイトルバックを是非観に劇場へ行って欲しい!!



この記事へのコメント