♪ひゃ〜っきはつづく〜よ〜どぉ〜こまでも~(゚ε゚( ) 「ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜/福田道生(監督)/スタジオディーン/2011年/アニメ/感想」

 何故かずるずる見続けてしまった第一期「ぬらりひょんの孫」に続き、京都編をメインに描いた「ぬらりひょんの孫 〜千年魔京〜」もやっと観終わりました。

 どこもかしこも第一期とは比べ物にならないほど洗練せれており、見事なまとまり具合だったと思います。他の人気作品に肩を並べるくらいに力が入っていたんじゃないですかね?作画も綺麗で安定していたし、カットアングルも良い見せ方をしていた。

 京都編では全然出番の無かった地味なヒロイン”家長 カナ”に代わって、雪女の”つらら”や、陰陽師の秘密兵器”花開院 ゆら”の出番が多かったのも個人的には良かった♪


 ぬらりひょんは、ジャンプの伝統になってしまったバトル漫画と言うジャンルに任侠の世界を盛り込み、しかも妖怪がヤクザ家業なのが面白い。新しいネタに飢えた結果かもしれないけww

 主役が半妖で半人前ってベタで素晴らしい。人間社会と妖怪の世界を生きる可愛い主人公が、夜の間だけかっちょいい妖怪の姿でいられるとかキャッチーだもんね。原作者の腕なのか、ジャンプの編集者の腕のおかげなのか分らないけど....


 
 ほんのり泣けるような展開も結構好きだったぬらりひょん。今回の第二期でコミックにもほぼ追いついたのよね?て事は、第三期はしばらく先になるんですかねぇ??

 第二期のラストも前回同様総集編だったし、まだあのお方と決着もついていない....

 こりゃまたずるずる見ちゃうパターンですなwww



 ジャンプもろくに読まなくなって久しいですが、たまにはこんな少年漫画らしいアニメが面白い♪こうなったら是非連載終了分まで、ぬらりひょんの孫がアニメ化して欲しいです!いままでのジャンプアニメは、どんなに人気のある作品でも、途中でアニメがストップする事が多かったですしね....

 もうしばらく奴良 リクオの行末をテレビで観たいものだな(´-`)



羽衣狐の制服姿がまた....♡


第二期公式HP http://www.nuramago.jp/index.html

この記事へのコメント