パズルゲーとメガドライブ。

 幼い頃から、沢山のパズルゲームを遊んで来ました。


 PCでは”テトリス”、”ぷよぷよ” ファミコンでは”クォース”、”クラックス” ワンダースワンでは”GUNPEY”にハマり倒したw


 パズルゲームは気軽に始める事が出来、RPGとは違ってセーブの必要も無く直ぐに止める事も出来るジャンルです。


 しかし、実際にはハマると止め時を失うわけですが.....



 他のハードに比べると、パズルゲームが少ないハードなメガドライブにも、代表的な落ちモノパズルゲームがありました。


 1990年にアーケードデビューした「コラムス」です。



 同年メガドライブでも発売され、古代遺跡を思わせるデザインと、宝石をモチーフにしたブロックがとても個性的で面白かった。


 今遊ぶと、大味な気もするし、ブロックが横向きにならないルールなのは少し窮屈な感じもする。しかもレベルが上がると鬼のようなスピードでブロックが落ちて来るのが極悪だったwよくこんなに早く落ちるブロックを、昔はよく並べられていたもんだwこのスピード感はホント新鮮だったなぁ.....


 


 そう言えばコラムスの音楽好きだった♪コラムスに限った話じゃ無いけどwメガドラの音楽ってなんか良かった♪(【゚ー゚】)♪


 後から出たライバル機に比べ、画質や音に難があったメガドライブ。でも音作りが難しかったからこそ、作り手のアイディアが光り、他機種の完成された音源より味わい深いものになったのだと思います。ファンタシースター3の音楽も好きだったなぁ〜♫






 コラムスは決して完成度の高いソフトでは無かったかもしれない。シンプルさはテトリスには及ばないし、後発のぷよぷよのような、戦略性に富んだ、競争心を刺激する爽快さも足りなかった。


 でもその地味さがまた味だった....


 おもちゃ屋の店頭に置いてあったメガドラで、コラムスをひたすら試遊していたあの頃が懐かしい.....

この記事へのコメント