さらば愛しき昆虫博士よ....「CSI:科学捜査班シーズン9 #192/AXN/2011年/米国/海外ドラマ/感想」

 Mr.CSIとも言える、『CSI:科学捜査班』の主任 ”グリッソム” がラボを去った....
 


 事前にグリッソム役の ”ウィリアム・ピーターセン" が降板する事は分っていましたが、既に薬物使用等の素行不良で降板させられたウォリック・ブラウン役の ”ゲイリー・ドゥーダン” が去ったばかりなのに、グリッソムまでいなくなるのは、やっぱりちと淋しい....

 後任のラボメンになるレイモンド・ラングストン博士を演じる ”ローレンス・フィッシュバーン" が悪いわけでは無いですけど、まだまだ馴染むのには時間が掛かる事でしょう。吹き替えは”銀河万丈”さんなので、耳馴染みが良いですけどねw

 しかし主役同然の人がいなくなっても続けようとする製作会社の根性は筋金入りですねw普通ならこれで綺麗に終らせようとするだろうに...


 まあこれで晴れてグリッソムがサラと一緒に居られる事になったのは、とても嬉しい事だけどさ....

 たまには遊びに来てよねグリッソムぅ!!+。:.゚ヽ(*;ω;)ノ゚.:。+゚



 CSI :科学捜査班公式 http://www.watch-csi.jp/

この記事へのコメント