この面白さ...本物♡「偽物語/西尾維新(原作)/新房昭之(監督)/シャフト/2012年/アニメ/感想」

 ”西尾維新”×”新房昭之”が帰って来た!(デジャブ

 
 まだ立ち読み程度にしか触っていない”西尾維新”作品ですが、「化物語」を観た限りでは、非常に独り言の上手な究極の自己完結人間なのではないかとw あれだけの物量(言葉数)で自らを語り、自分で自分にツッコムキャラが出て来る作品を僕は知らない...

 そんな原作を、ただの中二病患者達の戯れに終らせなかった新房監督は、演出家として監督として、作品をまとめる術が熟成しきった感じがしますね。元々相当量の物量(言葉数)を巧みに処理する技が優れた方でしたが、より一層効果的に言葉と映像を印象付ける映像を作られるようになったと思います。

 
 今回の偽物語でも、その技は無論輝いています。しかもなんか女性キャラ達の表情が、更にグレードアップしてるじゃありませんくぁ!ヤバいっすねー!モエるっすねー!僕もあららぎたいっすねー!......


 なんか一話目は、いままで通り前作の主人公 ”阿良々木 暦” くんが美味しい思いをしてばかりな感じでしたけど、徐々に妹達が騒がしくなってくるんでしょうかね?小さい方の妹はちょっと出てたけど....あまりにも冒頭の”戦場ヶ原 ひたぎ”の女王様具合と、”八九寺 真宵”のマスコット的魔性の可愛さが目立ち過ぎて、ちっとも阿良々木妹が活躍していなかったよねw

 どうなってゆくにしても、先が気になります♪今までのキャラ達の動きも楽しみですしねw



 「あの夏で待ってる」と言い、「偽物語」と言い、今年は1月から豊作ですな〜♪この先も、後に続いて良質なアニメをよろしく頼む....(-人-)




 偽物語公式 http://www.nisemonogatari-anime.com/

この記事へのコメント