この2人は熱い♡「あの夏で待ってる/長井龍雪(監督)/黒田洋介(脚本)/羽音たらく(キャラ原案)/J.C.STAFF/2012年/アニメ/感想」

 ”黒田洋介”&”羽音たらく”が帰って来た! 

 「おねがい☆ツインズ」から実に8年弱が経過していました。おねがいシリーズは、売れっ子脚本家”黒田洋介”の技と、”羽音たらく”さんの特徴的なキャラ絵と、”I've” の ”KOTOKO” を一般のアニメファンにも多きく広めた作品でもありました。


 とは言っても、正直一作目のおねティ第一話を観た時は、ただPCゲームのノリをアニメに持って来ただけなのかと、それほど好意的には観て居なかったのが事実。何せ、主人公が「停滞」とか言う昏睡状態に落ち入る病気持ちってだけでも充分中二病なエロゲー設定でしょ?ニヤ

 でも主人公と宇宙人である”みずほ”さんの甘酸っぱいやり取りを観ているうちに、どんどん作品の中に引き込まれていったものでしたw井上喜久子お姉さんはやっぱいいよね♡

 
 そんな甘酸っぱい恋模様を宇宙人×地球人でまた観れる事は最高に嬉しい♪(ヒロインはおそらく宇宙人w)

 あれから8年以上が経過しているだけあって、非常に”羽音たらく”さんの絵が良くなってます。今回も凄く可愛いキャラばかりなのですが、中でも主人公が今までで一番良いと思います。不自然に地味でもなく、派手過ぎる事もなく、甘酸っぱい物語の主役にはピッタリ過ぎるw

 しかも今作は、まるでかつての自主制作青春映画を見せられているかのような映像作りで、映画的カメラの見せ方も上手い。ただの平面CGを垂れ流すアニメとは、一線を画しています。こういうタッチで見せられるのが、おっさんどもにはたまらないんですよね♡

 背景にも力が入っているし、演出一つ一つをとっても、久々に入魂の一作を味わえている喜びで胸がいっぱいですwストーリーが二番煎じでも全然オーケー!完成度の高いベタは、決して愚作ではありません。むしろ最良の調味料に変わります。

 
 これは安心して 珠玉の青春ストーリーを毎週味わえそうな一話目でした(言い過ぎw)。どうもゴチソウサマデス (o*。_。)o ペコリ



 公式HP http://www.ichika-ichika.com/

この記事へのコメント