『スカイリム漂流日誌』

IMG_0196.JPG

 『私がスカイリムの大地に迷い込んで、どれだけ時が経っただろうか?

 イキナリ訳も分らず死刑にされそうになったあの日から...

IMG_0261.JPG

 今ではドラゴンと”声”で戦った日々さえも、既に遠い昔の事のようだ....

 時々遭遇するはぐれドラゴンさえ、雑魚のように倒せるようになった僕にとっては....


 最初はオヤジ(父親)の背中ように大きく感じたドラゴン....

 どんなに剣を振り回しても、全然倒せる気がしなかった......

 逃げようとして、頭からまるごとぱくりと食べられた事もあったっけ....


 ドラゴンのおっさん元気かな.....

IMG_0202.JPG

 
 そんなドラゴンのとの死闘を終え、燃え尽きかけていた頃、吸血鬼に噛まれて大変な目にあった事もあったなぁ.....

 まさか吸血鬼になった途端、いままで好意的だった連中が目の色を変えて襲って来るなんてな.....

 ほんと、セーブはこまめにしとくもんだよなぁ......

IMG_0268.JPG
IMG_0274.JPG

 吸血病はなんとか治せたものの、人々に襲われたショックで、なかなかみんなの輪の中に戻れ無かった私を、同胞団に誘ってくれたの誰だっけなぁ...

 いつも”ベレソア”の雑貨店の前で突っ立てたあの男....まあ誰でもいいか.....

 
 まるで某漫画「ベル◯ルク」の ”鷹◯爪” みたいに固い結束で結ばれた同胞団は、こんなダメダメな私を鍛え直してくれたっけ.....

 どんなに悪しきドラゴンを倒した英雄だろうが、ただの小間使いとして接してくれた事が逆に嬉しかった.....

 彼等のおかげで私は立ち直る事が出来たんだ......

IMG_0275.JPG


 私は取り戻した誇りを胸に、今度はスカイリムの古き神々を巡る旅を始めた.....

 しかし、その旅は決して楽な旅じゃ無かった....

 自分が信じた相手に裏切られ、自分を信じた相手を裏切る毎日....

 神様なんてただ迷惑なだけだとつくづく思ったもんだ......

 リディアさんがいてくれて本当に助かったよ...



 あ、こんな私だが、つつましくも家庭を持った....

 相手はリディアさんじゃなく、同胞団で意気投合した、ある意味では祖先に当たる女性”アエラ”だ...

 少し口調が男前過ぎるうえ、民族化粧がケバ過ぎるとか、絶対に本人には言うなよ....ガチで喰い殺されるからな.....

 私がたまにホワイトランの家に戻ると、ああ見えて結構優しい声を掛けてくれるのが、きゅん♡.....て、するしな.....

IMG_0254.JPG
 
 ただ、元カノのリディアさんと、いつも一緒に居るのが少し気がかりではある......

 まあ、リディアさんには完璧に結婚断られてるから大丈夫か...バグで...................................
 
IMG_0258.JPG


 それにしても、このスカイリムには、まだまだ込み入った事情を抱えた人々がいるようだ....

 家でのんびりアエラの家庭料理を味わう暇など、私には当分作れそうにない....

 
 さて、今日も気まぐれな古き神の使いっ走りを始めようか.........








 ちなみに....スカイリムに来てから、ベッドで一睡もした事が無い.......』   

IMG_0253.JPG

この記事へのコメント