濃密なシーズンでした...「Dr.HOUSE シーズン6/FOX/2011年/米国/海外ドラマ/感想」

 今までの自分から生まれ変わる為に、これほど周りに気を使っているハウスを僕は知らない。いつものように毒舌を振るい、好き勝手しているように見えて、実は全ておせっかいなほどに周りを思っての行動だったりするんですよねw

 浮気癖のあるタウブを上手く誘導したり、元嫁と寄りを戻したウィルソンには、過保護なほどの対応をしてみたり、ルーカスと付き合い出したカディには、しつこく2人の絆を試すような邪魔をしていましたが、どれも最終的に相手のためになる事だった気がします。

 上手く自分の気持ちを伝えられない不器用さは変わらないけれど、弱い自分を認め前に進もうとする姿は素晴らしく、足掻くハウスが本当に愛おしく感じました。


 でも神様はそんなハウスに最後まで現実を見せ付けましたね....せっかく前向きに頑張って来たのに....最後の希望を打ち砕かれたハウスの落胆する姿には胸を締め付けられました...


 まさかこのまま、またダメになってしまうの?天才には孤独しか残されないの?

 救いの無いラストが頭をよぎっていたその時、あの人が彼を救ってくれました。

 
 誰もがハウスに相応しいと思えるあの人です♡自分から変わろうとして来たハウスへの、最高のご褒美でしょう。とても良いシーズン終わりとなりましたねw


 これでなんとか人並みの幸せ、を手に出来そうなハウス。しかし、これまでのシーズンを観て来た者としては、このまますんなり物語が進むとは思えません....

 本当に欲しかった”物”を手にしたハウスが、どうなってゆくのか、新シーズンが今から楽しみ過ぎます♪


 
 そう言えば、13番の意味深な発言も気になりますね...彼女、もうダメなんですかね・゚・(ŏ﹏ŏ๑)・゚・。

 

この記事へのコメント