ナタリー!お前はなんて恐ろしい子なの!!「ブラックスワン/ダーレン・アロノフスキー(監督)/ナタリー・ポートマン(主演)/2011年/米国/映画」

※goo映画あらすじ


 『ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦であった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリー(ミラ・クニス)の出現も、ニナを精神的に追いつめていく。やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった……。』





 華々しい美しさを求める世界はなんと恐ろしい事か....


 芸事の世界でずっと脇役でも心は荒むし、主役になったらなったで、いつか訪れる終わりに怯える毎日....


 主役の「ニナ」も、やっと手に入れた主役を奪われまいと想うあまり、どんどん闇に心が喰われてしまう。そしてその有様の描き方がとても恐ろしかった....



 中途半端な脅かし系サスペンスや、えげつない死に様を見せ付けられるホラー映画よりも、実質の恐ろしさがここにはあり、観ている最中に胃のあたりがきゅっと、締め付けられるような感覚を味合わされるほどです。


 まるでニナの感じる重圧がそのまま僕らに伝わって来たかのようでした。最後まで緊張感があるため、鑑賞しているだけで、かなり体力を消耗したような気さえしましたねw



 この映画の為に、ナタリーポートマンは1年かけてバレエを練習したそうです。僕は素人なので、ナタリーがどれほどの技量だったのか分りませんが、少しわざとらしかった練習風景でのぎこちない踊りとうって変わって、終盤の舞台本番での踊りは圧巻。


 序盤とのギャップが大きかったぶん、本当に素晴らしい踊りでした。ただ、そのシーンを本当にナタリーが踊っていたかは分らないw一応替え玉がいたそうなので、終盤はもしかすると......



 しかし、もしも序盤や顔がアップになった時だけがナタリーのダンスだったとしても、演技しながらあのレベルですから、充分凄いですけどね♪ダンスに集中している時のナタリーは、結構素に見えましたけど、どうなんだろうww


 どちらにせよ、”ニナ”をあれほど生々しく演じた”ナタリー”は、実に恐ろしい女優に育ったものです......((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この記事へのコメント