これで僕も錦織圭だぁー\(^o^)/ソンナワケナイ「ファイナルマッチテニス/ヒューマン/PCエンジン/1991年」

 僕の家からオモチャ屋さんまでの距離は約4キロ。子供にとっては、やたらと行ける場所ではありませんでした。だから、そこへ行けた時は宝の山を見るように、いつまでも買えないオモチャ達を眺めていたものです。


 そのオモチャ屋さんの店長さんは、オモチャを買うと決まっていつもこう言いました。



 「大事に使ってね」



 そう言いながら笑顔で商品を渡してくれるのです。時にはもう売り物にはなりそうにない物をオマケでくれたりと、本当に良くしてもらった憶えがあります。



 おもちゃ以外に初めてゲーム機を買ったのも、そのオモチャ屋さんでした。CD-ROM2を搭載していないPCエンジン コアグラフィックスⅡです。

 既にPCエンジンDuoが出ていましたが、とてもじゃないけど高くて買えませんでしたwコアグラⅡを買うだけでもギリギリでしたから.....それでもソフトが無ければ遊べないわけで、丁度1000円ほどで買えた「ファイナルマッチテニス」を一緒に買ったのです。




 これが面白いのなんの♪当時のテニスゲームの中では、群を抜いた面白さでした。「ファイヤープロレスリング」「フォーメーションサッカー」に続く、ヒューマンの代表作だったと思います。その後もスーパーファミコンで新作が出たり、ヒューマンのスポーツゲームを幾つかパッケージした「ヒューマンスポーツ フェスティバル」では、女子テニス版が遊べたりもしました♡


 操作は単純。三種類のショットを使い分けてボールを打ち合うのみwそれぞれ選手の能力も違い、選手ごとにショットの得意不得意がありました。ただやっぱり当時の有名選手に似せたキャラ達は強くて使い易かったですw


 ”れんとる” ”へつかあ” ”まけんろ” ”ちゃん” ”あかし” ...etc


 なんとなく分るぐらいのネーミングが笑えるw当時のスポーツゲームはほとんどこんな感じで実名じゃ無かったですよね。でも実物並みに強かったw”れんとる”はトータルで強かったし、”へつかあ”のサービスは鬼のようだったwwwそれぞれの個性も面白かったし、ワールドツアーモードの難易度も絶妙で、その歯応えに手に汗握るほど熱中してました♪やればやるほど細かい打ち分けが出来る事に気付き、プレイの幅が広がる良く出来たゲームだったなぁ.... 


 とにかく最初に買ったこのソフトが、僕の中でのPCエンジン最高のソフトで間違い無いです♡これWiiのバーチャルコンソールとかで配信しないのかなぁ?良いゲームなのにw





 それにしても、僕が成人してからも商品を買うたび「大事に使ってね」と言っていたあのおじさんは、今どうしているのかなぁ....あのおもちゃ屋さんも潰れて何年にもなるし.....orz





 (´-`).。oO大事に使ってるよ♡


写真-361.JPG

この記事へのコメント