ANXでシーズン7まで終ったCSIマイアミに思う海外ドラマの良さと暗部....

 さあ、あっと言う間にCSIマイアミもシーズン7がAXNで終了。ホレイショが銃弾に倒れると言う場面から始まり、カイルがCSIで働く事になったり、その子が色々あってクビになったり、CSIのメンバー絡みの出来事が多く、特にデルコと、彼の本当の父親との関係性がなんとも複雑で見所がありました。シーズン終わりにデルコがあんな事するなんてね...

 WOWOWでは既にシーズン9が10月より放送予定になっています。


 これでマイアミも167話目。日本でこれほどの話数が続くのは、時代劇か、ホームドラマぐらいでしょうねwアメリカでは、元々1シーズンで終らせるつもりで作るドラマは少く、打ち切りになるドラマでもシーズン2までは放送したりします。しかし、そんな制作スタイルの為に、最後まで観る事が出来ないドラマも出て来るんですよね....


 記憶に新しい中では、アメリカが核攻撃に晒され、国としての機能が失われた中で、人々がどう生き抜いてゆくのかを描いた「ジェリコ」や、死者からの助けを呼ぶ声によって、死者が死ぬ前の一日をやり直す事が出来る女性を描いた「トゥルーコーリング」などもシーズン2で未完に終わりました。これが日本なら、せめて完結くらいはしてから終ると思うんですけどね....どちらも好きなドラマだっただけにショックでした。
 
 役者やシナリオライターの給与の問題。視聴率の低迷など、原因は幾つかあるでしょう。でもそこは責任を持ってしっかり作って欲しいです。長期シリーズにも、役者達の事情から、主要メンバーの入れ替えが発生する事もありますし、ほどよいところで終って欲しいですけどねw長けりゃいいってもんでもないwww

 本家の「CSI:科学捜査班」も、お金や薬物、黒い話が飛び交うなか、主役のグリッソムが降板したようですし、もう既に元のCSIでは無いですよね。まあでもそう言った現実世界の理由がドラマに影響を与えるのも面白いかもしれない。死ぬ予定の無い登場人物が死んだり。付き合いそうに無い者同士がくっついたり。生々しい彼等の人間関係を観ていると、CSIで描かれるアメリカ、ラスベガスが本当に存在しているような感覚になって来ます。

 渡鬼をずっと観続けるようなものでしょうかねwwwなんだかんだ言って、新シーズンが始まれば絶対観てしまいますから.....


 海外ドラマの呪縛から。解放して欲しい気持ちと、まだ拘束されていたい気持ちを持ちつつ、今日も外ドラを観る事でしょう........

この記事へのコメント