HDDレコーダーのDVDドライブを交換してみた。

約3年ほど使用して来た東芝のRD-S300のDVDドライブが壊れました。

IMG_8700.JPG

 症状はドライブのトレイがちゃんと閉まらず、読み込みも早々に諦め飛び出して来てしまうというもの。ほとんどのユーザーが3年ほどで同じ症状を経験しているようです。まともに修理代を払うと、たかだかDVDドライブの交換に2、3万だそうだ....馬鹿じゃないの東芝!!

 東芝だけじゃないでしょうけど、もっと原価を考えた価格を設定すべきですね。高くても1万程度で対応すべきだと思います。それでなくても高いお金を払って、商品を買ってくれたお客様相手なのですから。自社の商品に自信があるならもっと堂々として欲しいものです。

 そんな事を言っても直るわけでもないので、新しいHDDレコの購入も考えたのですが、まだRD-S300と相性の良いドライブを入手出来た為、自分で交換する事にしました。流石に3年以上経つと、対応ドライブは中古しかありませんでしたが、しばらく保てばよいくらいの値段で購入出来たのでまだましなほうでしょう。

 まずは蓋を外します。めっちゃホコリだらけw中は以前同じようにドライブを交換した"RD-XS35"とあんまり変わらない感じ。

IMG_8701.jpg

 HDDが邪魔なので外します。後はドライブに張り付いているぺらぺらの線に注意しながらドライブを外し新しいものを取り付けるだけ。コードを外すときに回路や配線に注意していれば、誰でも出来る作業です。

IMG_8702.JPG

IMG_8703.jpg

 ちなみにHDDも交換可能です。たぶんDVDドライブより互換性を気にしなくて良いはず。今回は同じ症状の人が試したDVDドライブを手に入れ同じように直しただけなので相性の問題はありませんが、別のDVDドライブを使うとかなり不具合が出ているようです。ただしHDDの場合、どんなに大きな要領の物を付けても無駄なのであしからず。元々の容量分以外認識しないようになっていますから。

 少しドライブ音が気になりますが、トレイの出し入れも良好。いつものTDKのメディアで焼いても問題無し。これでまだしばらく安心して使えそうです(*´∀`)ホッw


 参考にさせて貰ったサイト様 http://ak61jack.blog70.fc2.com/?no=31

この記事へのコメント