これで完結かな?やっぱり....「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン/マイケル・ベイ/スティーブンスピルバーグ/2011年/映画/感想」

 おそらくこれで完結すると思われる”マイケル・ベイ×スティーヴン・スピルバーグ”のトランスフォーマー三作目「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」を観て来ました。




 相変わらず滑らかな変形で迫力のアクションシーン満載の映画でしたね〜♪それから前作より笑えるシーンが多く、笑いを堪えるのに必死でしたwww2よりバランスは良い仕上がりですね。


 ただ、シリーズ通しての問題として、終盤のバトルシーンが長いように思います。この辺の尺を縮めてくれるとスッキリ終るでしょう。最後の方でバトルばかりだと胃にもたれます...あと、良くも悪くもアメリカらしい作品ですから、生理的に受け入れられない部分も日本人はあるかと思います。前作まで楽しめた人なら問題にはならない些細な事でしょうけどw


 それから、前作までのヒロインも降板させられたようです。なんでも人種差別的な発言がスピルバーグの怒りを買って下ろされたらしい。髪の色は違うけれど、雰囲気は似てたからあんまり気にならなかったかなw新恋人設定だから物語的には別に問題は無いけれど、こういう理由がハッキリ周りに伝わる所が、アメリカの映画産業らしい気がしますね....



 改善して欲しい面はわずかながらあったものの、やはり面白かったトランスフォーマー♪本当にこれで終わりだったら寂しいなwバンブルビーの犬のような愛くるしさをまた味わいたい!オプティマスの意外にウッカリさんな所もまた観たい!小さな元ディセプティコンの2人がどうなったのかも知りたいぞ!!また気が向いたら作ってね、お二人さん♡(★'v`人)







 ※追記、後日3D版も観て来ました。残念ながら時期的に大きなスクリーンでの上映は終っており、せっかく楽しみにしていた3Dの効果が若干弱い気がしました。それでも評判が良いだけはある迫力で、スムーズに変形するロボ達の戦闘シーンは素晴らしい臨場感でした。

この記事へのコメント