テレビ東京さん、僕と契約して北海道でも放送してよ☆/人◕ ‿‿ ◕人\「魔法少女まどか☆マギカ」/新房昭之/シャフト/テレビ東京/2011年/アニメ/感想」

 少し前にAT-Xでの放送も終了した「魔法少女まどか☆マギカ」 いつものように北海道では地上波放送無しだったため、やっと最後まで観終わった.....


 地上波での放送終了からだいぶ経つので、世間では「まどマギ」の熱も冷めつつある中、まとめて観るのはとても寂しかったw出来ればみんなと同じ時間につぶやきながら観たい作品でした....無念!


 監督が新房昭之さんの時点で面白く無いはずが無いとは思っていたけれど、キャラ絵が僕の好みでは無く、原作無しでのオリジナル作品だという事で、流石にどう転ぶか分らないと感じ、始めは視聴者の反響の大きさもマユツバものだと疑っていました。
 が、観始めればキャラ絵の好みなんてまったく気にならなくなり、終盤まで微妙に思えていた”ほむら”ちゃんも、ラストシーンには愛おしかった...

 
 ストーリーの展開は、意外とよめました。しっかり伏線を匂わせる演出が描かれていますからねwキュウベイだって初回から腹黒そうだったものねwwみんなが思うほど突飛な展開では無いのですよ(マミさんの死に様は少しショックだったwww)。ただ、OPに描かれた世界観が本編の姿だと思っていた方達には驚きだったのでしょうね。これを魔法少女物として観なければ、なんの事は無いこういう作品だと認識出来たはず。実際にはベタだったと言えます。

 勿論、終盤に明らかになる真実は、どんどん消化しきれない展開を見せました。でもそれは物語を収束させる為の作業でしかない。新房作品は物語世界の大きさや萌え要素以上に、登場人物の心の動きを映像に具現化する様が見所なのです。


 それが一番効果的だったのは、みんなも強く印象に残ったであろう”さやか”の自滅へのストーリーだった...彼女が魔法少女になる事を決めたその時から、少しずつ歯車が狂い後戻り出来ない状態に追い込まれた彼女の戦い方....あのシーンでトラウマになる子供がいそうですよね。”劇団イヌカレー”の気色悪いメルヘンワールドがもの凄く良い味付けになっていましたww


 さやか以外の ”マミ”さんや”杏子”の過去、途中から主役扱いの”ほむら”ちゃんの葛藤なども、残酷な神(監督)のいたずらによって、みんな苦しく哀しい思いを演出されてしまった....

 そんな監督(神)が、描いたラスト...それがなんか微妙にひっかかるんですよね....


 これは僕個人の考えとして、最終的に誰か一人が犠牲になって終る展開に納得がいかないんです。本当の慈愛なんてこの世には存在しないとさえ思っていますし、物わかりの良いフリをして犠牲になる人が僕は許せない....

 「フランダースの犬」のネロのように、自分を慕ってくれる者がいながらも、そんな相手の心などおかまい無しに自分勝手にゴールを決めて自己満足してしまう”まどか”がピンと来ない...

 しかも”まどか”の願いによっていくら世界が変わったのだとしても、1人の人間がそんな重責を背負いきれるものではないですよ。他の魔法少女が穢れを浄化する勤めに苦悩し自壊していったと言うのに、彼女だけ特別なはずがない....でもまあ、ああでもしないといつまでも”ほむら”ちゃんがタイムリープを繰り返す事になってしまっただろうし、まどか主役だと思うし、仕方無いラストかなwwどちらにせよ、落とし所が難しい作品だけに、全てのファンが納得するシナリオなんて出来ないんだけどね(遠い目


 でもね、こんな事を言ってはいるもののこの作品をとても気に入ってるんですよ♪まどかとの特別な絆のおかげで、世界が生まれ変わっても”まどか”を覚えている”ほむら”ちゃんと弟くんにキュ〜ン♡ってなったよ....”ほむら”ちゃんが”まどか”のママと河川敷で話すシーンの”ほむら”ちゃんの表情..........せつねぇなぁ( °̥̥̥̥̥̥̥̥з°̥̥̥̥̥̥̥̥)


 単純に悪を滅ぼす展開にならない魔法少女物として産まれた今作は、充分にその役目を果たしましたね。続編は無いだろうけど、類似品が出て来るような気がするなぁwまどかのおかげで”魔法少女”達が普通の”魔法少女”になれたように、新房監督の影響で、新たな方向性に魔法少女物は進むかも....しれませんね☆(★'v`人) 

 追伸、OP&ED曲がめっちゃ良かった♪化物語ぶりにハマった♡





 

この記事へのコメント