ヤクザがヤクザをヤクザするとき....「アウトレイジ/北野武/2010年/映画」

 北野映画と言えば、直ぐ浮かぶのが ”ヤクザ”

  実際のヤクザなんてまったく交流が無いので知らんけど、北野監督のヤクザ物はなんだか凄くリアリティを感じてしまう。出て来るヤクザ連中が、強面な人間ばかりじゃなくて、一見普通に見える人間や、ただの禿げたおっさん達が組をまとめているとこなんてホントにそれっぽく思える。

 まあ、”ヤクザ映画”って言うジャンルとして、こういうスタイルだ!という先入観が観客に無いわけでもないけれど....



 で、今回の北野ヤクザは、一番偉い会長の下の下の下の親分設定。末端の組をまとめる、いわゆる実戦部隊やねw 一番偉い人の都合で、あ〜でもない、こ〜でもない、そんな風に振り回されたあげくにサヨウナラ....

 まるでサラリーマンみたいね、ヤクザなのに....ボソ


 上の人間達の悪意が更に悪意を産み暴走して最終的に何処へ向うのか? その破滅的な展開から目が離せず、かなり見入って面白かったです。ただ、かなりえげつなく人が傷つき、死んでゆく事になるので、今まで観た北野ヤクザの中では一番狂気に満ちた表現に溢れています.....

 それでも、そんな北野監督の破壊衝動が僕は好きだ。

 絶対にしたくない、して欲しく無い暴力ばかりなのに、その衝動から眼を逸らす事は出来ません。人間は、本質的に痛みを感じなければ生きている事を実感出来ない生き物。人の生き死にに近づけば、自分の命の在処に近づく事が出来るような気がします...


 たとえ架空の世界だとしても、ディティールが細かければ、伝わる痛みもハンパではない。北野監督はまさに痛みを作り出すアーティストです♡普通の人間には、あんなサディスティックな傷つけ方思いつきませんよwそれを物語るように、この映画はストーリーありきでは無く、人の死に方を先に考え、そこにストーリーを付けたなんて話まであるくらいです。

 ここまで行くと、なんかホラー映画みたいに思えて笑えるwww


 
 馬鹿で、滑稽で、不毛で、プライドばかりが先行してて、絶対なりたくない職業ナンバー1な”ヤクザ”だけど、日本人の破壊衝動を代弁し、実践している業種はヤクザしかありません。 なのでこれからも、北野映画には ”ヤクザ” が欠かせ無い事でしょう...

 アウトレイジは続編も発表されているらしいし、どんな内容になるか楽しみだわ☆


 公式HP http://office-kitano.co.jp/outrage/main.html 

この記事へのコメント