素晴らしきかなげーむぶっく☆

 むかし、むかし、あるところに、親にいくらねだっても、げーむを買ってもらえない男の子がおりました。

 男の子のともだちは、みんな”ふぁみり〜こんぴゅ〜た〜”であそんでいるのに、男の子はいつも、ともだちがあそんでいるのを見ていることしかできません....


 そんなある日、かぞくでよった本やさんで、男の子は、”げーむぶっく”とかかれた本をみつけました。なんと!その本は、もじをよむだけで、げーむをあそんだかのようなきもちになれたのです♪

 その日から、男の子はあそんだことのないげーむの”げーむぶっく”をかいつづけ、なんどもなんどもよんでくらしたとさ....めでたしめでたし?




 ファミコンが家に来たのは、小学6年生の時でした。しかもそれは大学生になった方が要らなくなった物を、父親が貰って来たもので、既にボロボロだった....

 ファミコンが家に無いと、まず話題についていけない時代でした。すると仲間はずれの原因にも繋がります...あの時代はホント切なかった...・゚・(ŏ﹏ŏ๑)・゚・。

 
 ゲームの無い寂しい思いを慰めるために僕がした事、それは持ってもいないゲームの攻略本やゲームブックを買うというもの。

 あの頃の攻略本は、基本的に最後までは載っていませんが、読むだけである程度ストーリーや世界観を味わう事が出来るため、穴があくほど読み直した覚えがあります。

 ただそれだけ読み倒した攻略本では、ストーリーを味わい切れないのも確か....そこでハマったのがゲームブック♪

写真-284.JPG

 読み進めると、選択肢が出て来て、こちらなら何番、あちらなら何番に進めと言う支持が出ます。そうして自分で分岐を選び読み進め、最後まで読めれば終わりという感じ♪ADVゲームみたいな物だと思って下さいwエンディングも幾つもあり、ほぼ総当たりで進める事もしばしば。でもそれがまた燃える!RPG物のゲームブックだと、ちゃんとアイテムやレベルまであるので、かなりルートを考えながらプレイしなければいけません。やり応え抜群www


 各社から出ていましたが、主に ”双葉文庫” "創元推理文庫" "エニックス文庫" の物を良く読んでいました。双葉社は、ゲーム物以外にも ”ルパン三世” シリーズもあり、かなりお気に入り♪

 創元推理文庫は、洋画原作の物があり、ページ数も多めで読むの大変だったかなwエニックスは言うまでもなくドラクエが強みでしたwww

 
 他にも、”社会思想社”から出ていた、「アドベンチャーゲームブック」シリーズも凄そうでしたね!テーブルトークで有名な「山本 弘」さんや、ピーター・モリニューと”ライオンヘッド・スタジオ”を立ち上げた”スティーブ・ジャクソン”などの著作まであるという、コアなファン向けのゲームブックだったようです。僕は友達に貰った一冊だけプレイしました。子供には若干難しい感じでしたねww

 
 
 ボードゲームやテーブルトークが下火な現代で、まず需要が無いであろう「ゲームブック」当時は本当に宝物だった♡何度も読んだせいで、表紙がボロボロだったり無かったりもしています。何度もページをいったりきたりする不便ささえ、楽しい時代だったなぁ.....


 あの頃の、素晴らしき忍耐力に乾杯....
 

この記事へのコメント

  • あまる

    中学校の頃、ゲームボーイしか持っていない友達が居た。めっちゃWizをやりこんでいたね。懐かしい。

    ウチはファミコンはあったけど、スーパーファミコンを、なかなか買ってもらえなかった。「FF4」はカセットだけ買って友達の家でクリアしたw

    創元推理文庫さんは海外のミステリーモノを良く買っていますが、ゲームブックも出していたんですね。「ドラクエ」のゲームブックはウチの家にもありました。

    懐かしい。
    2011年06月18日 01:39