首都高では安全運転を〜♪「首都高バトルX/Genki/XBOX360/2006年/ゲーム」

 事実上、最後の首都高バトル作品になった「首都高バトルX(テン)」良くも悪くも和製レースゲームでありました....


 基本的なレース内容は、首都高を走り回り走り屋さん達にパッシングで喧嘩を売り、バトルし続ける物。初めはそれなりに楽しいのですが、慣れてくるとコースの単調さや、CPUの阿呆さに作業感が増していきます。さらに、システム的なストレスもかさみ、レースゲームの腕以上に忍耐力が必須になります.....


 今の、リアルな挙動、様々なレースイベントと優秀なCPUが当たり前のレースゲームを知った後では、物足りなさがありますね。ただ、国産らしい安心感はあるタイトルです。アバウトな操作しか要求されないので、使用する車さえ気をつけておけば後は忍耐でなんとかなると思います。とくに、CPUはコーナーや一般車両を抜く際かなり減速するため狙い目です。


 このゲームの一番残念なのは、最後のボスを倒す為にかなり面倒が多いと言う事....僕はそこで積む事にしました。同じ事の繰り返しでモチベーションが上がらないですwこれなら峠シリーズの方が面白かったんじゃないかなぁ.....(ちなみに真のボス手前まででストーリーだけを遊ぶと実績は400は解除されます。)

 僕は北海道なので首都高にも思い入れは無いし、コースレイアウトの面からも残念な気がしました。あれだけ当時人気だった"Genki"ブランドが終っていった原因の一つかもしれませんね........


 こういうギャグは笑えたwww
写真-265.JPG
◯ャア専用♡


 もしもプレイするなら、このサイト様が見易かったです→ http://www.gamekouryaku.net/sbx/index.html

この記事へのコメント