迷える子羊に安眠あれ....「キャサリン/PS3/XBOX360/アトラス/2011年/ゲーム」

 ブログもツイッターも投げ出した日にクリアしたのがキャサリンだった...そのせいでまともな感想も書けなかったので、改めて書きたいと思います....



 主人公のヴィンセントは僕と同じ32歳。彼には付き合ってかなり経つ恋人がいる。名前を”キャサリン”何処にでもある名前だw

 彼女には結婚願望があり、なかなか結婚しようと言ってくれないヴィンセントに苛立ちを憶えている。逆にヴィンセントにとっては、そんな彼女の一言一言がプレッシャーになっているわけだ....

 そんなふうに、彼女からのプレッシャーに悩み酒に酔い潰れていた彼は、店で知り合った若い金髪美女とうっかり、いやしっかり関係をもってしまう♡しかもその彼女の名前も”キャサリン”だったのだ....

 浮気をした彼には悩みが増えただけだったw2人のキャサリンに振り回されるようになった彼は、現実の悩みそのままに悪夢を見るようになるのだが、その悪夢がなんとも怖いwなんとその階段を登り切れなかった者は、現実世界で死んでしまうのだ......



 ペルソナシリーズのチームが仕掛けた野心作?男の道徳心に訴えかけるようなホラー?ミステリー?内容なんですけど、ヴィンセントにまったく共感しない男性で、奥さんや恋人を一番に考えている方にはまったく怖く無いお話ですが...少しでも彼の気持ちが分るなら、これほど怖い話は無い!自分がもしもこんな状態だったら....まあまず両手に華と言う事が無いけどねー(棒

 このタイトルは、どう考えても少子化や結婚問題をテーマにしているとしか思えない。パズルパートをクリアし、次のステージに行く前に聞かれる質問の内容もかなり現実的で、プレイヤー自身に「お前結婚する気あるの?」「あるならどう奥さんを幸せにするの?」と語りかけているかのようだった....クワバラクワバラ


 そんなストーリーもさる事ながら、パズルパートはなかなかおもしろかったですよ〜♪ただ階段状に積まさった箱を動かし、上に登っていくだけのゲームなんですが色んな種類の箱があり昇り方も様々で、かなり歯応えがあります。イージーの難易度が高過ぎて挫折する人が居るほどです.... (一応、PS3版にはスーパーイージー機能がパッチ配信されています→ http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110309_432040.html xbox360はまだみたい....)

 二週目のプレイで、パズル部分を評価Aを取っていないとスキップ出来ないのも辛いんだよね....マルチエンディングだからアドベンチャーパートだけを後でやりたくても出来ない仕様はちょっとねw
 
 
 アドベンチャーパートの出来の良さ、パズルパートの奥深さ、そしてパロディなテレビ番組設定.....その一つ一つは良く作られているけれど、バランスのとり方が甘いのがとても惜しい作品でした。それでも充分面白かったけどねw

 そう言えば、主役とキャサリンの声が山寺宏一と三石琴乃ってところが一番笑ったけどねwwエ◯ァじゃないかwwwこの2人以外もペルソナ好きならツボな声優さんが出てるので、アニメパートだけみたいファンもやって欲しいね♪


 公式HP http://cathy.atlus.co.jp/

この記事へのコメント