企業戦士だいがーど!「地球防衛企業ダイ・ガード/水島精二/XEBEC/テレビ東京/1999年/アニメ」



 突如現れた謎の生物?”ヘテロダイン”その圧倒的な力になす術もなく、人類は追い込まれたあげく最終破壊兵器を使用し難を逃れた....人類は新たな敵に対処すべく、対ヘテロダイン兵器の開発を行い巨大ロボ”ダイガード”を建造。しかし、それから12年もヘテロダインは現れ無かった....
 すっかりお荷物になったダイガードは民間に払い下げられ、イベントごとの飾りになりさがり、子供からはただのハリボテ扱いwもう既に本来の目的を忘れられてしまったダイガード....だが、そんなダイガードの前にヘテロダインが現れるのだった!


 コブラツイスターズの軽快なOPが大好きなダイガード♪当時もの凄く人気があり、映画が公開されたばかりのドラマ「踊る大捜査線」の影響をもろに受けていたように思います。
 
 普通の会社員が、ロボットに乗り戦うと言う設定だったダイガード。警察の地味で滑稽な業務内容を描いた踊る大捜査線と同様に、企業や国家の組織体系のマヌケさが良く描かれていて斬新だったwロボットの出動にも許可が必要だし、会社に戻れば報告書w物を壊せば始末書を書かなきゃいけないとか面倒くさ過ぎだろwww


 そう言えば安保軍の”城田”さんと主人公の熱血馬鹿”赤木”がやりあう様は、まさに”青島俊作”と”室井慎次”の絡みにそっくりで熱い男達のストーリーが展開されてたなwwダイガードは間違いなくロボット物に生まれ変わった”踊る”だね♪しかも出来の良いオマージュと言えるでしょう♡あぁ、また全話観たくなってきた( ´艸`)ムププハート(トランプ)

創通アニメ紹介ページ http://www.sotsu-co.jp/property/details/024.html#

この記事へのコメント