2011年02月10日

あの作家は今....?というより、この作品は今...?「源氏/高河ゆん/ウィングス・コミックス/新書館/1988年/漫画」

写真-223.JPG


 源氏....いつまで待たせるんですか!!ヾ(*`Д´*)ノブ-ブ-って思ってるファンが何人いる事か.....

 一巻が発売されたのは1988年。世界は”ペレストロイカ”だの、”ドラクエV”で行列だの、おニャン子の高井麻巳子がプロデューサーの秋元康と結婚だの....まだまだ昭和な匂いがしていた時代w

 そんな時代に産まれ、掲載していた雑誌もまだ健在だと言うのに、何故に連載再開そして完結してくれないんですか高河さん....流石に最後に出た単行本8巻から16年も待たされたら怒りも通り過ぎ悲しいほどですよ...(;ω;)


 思い返せば、姉が所有していた”源氏”を読んだ中学生の時から待たされているわけで...当時まだBLと言うジャンルをあまり知らなかった僕にとって、肉体的に男VS男な描写があった源氏はとてもイケナイ魅力で満ちていた。

 ツンデレで甘えん坊な主人公"江端克己"。彼は型にハマらない性格で、男でも女でも好きな相手なら誰にでもキスをする...その時の表情たるや魔性かとwwwさらに奥深い絡みさえいきなりOKだったりするから器がでかい...ソレデイイノ?


 そんな彼がベタ惚れな相手”長谷川桜”が、ある夜克己の目の前でこの日本から去ってしまう...しかし残された克己は桜の後を追いかけ、いまだ平家が日本を収める異世界へ旅立ち、そこで自分そっくりな”源頼朝”の亡がらに対面し色々巻き込まれて行くってお話が源氏でしたよね〜。

 とにかく作中は兄弟やら幼なじみやら敵やらとの絡みが萌える♡特に義経と小太郎ちゃんの克己に対するブラコン具合がお気に入りだった♪そんな馬鹿共を大きく包んでやる克己はホント母性に溢れたイイヤツだよなぁ(´▽`*)ボクニモヤサシクシテ〜♡


 まあそんなわけでwどんなわけかは置いておいて、なんとか続き描いて欲しいわけですよ....そうじゃなくても未完の作品が多いゆんさんだからあまり期待出来ないかもしれませんけどねwガンダムとかに浮気してる暇があったら後生ですからオネガイシマスよぉ...(*´Д`人)ォネガィハート(トランプ)


 あ!どうでもいいけど高河ゆんさんの旦那って、”たつねこ”なんだ!!エワニテルヨネw

 公式HP http://yunk.jp/

 
posted by lain at 21:52 | 北海道 ☁ | Comment(0) | 漫画 BL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。