こんな警察ドラマ観た事なかった...「ザ・シールド〜 ルール無用の警察バッジ〜/AXN/2002年/海外ドラマ」



 2008年にシーズン7にて終了した”ザ・シールド”を、昨年後半から再放送が開始したのに合わせてシーズン1の終わりまで観ました。リアルな警察事情を描いたドラマと言えば、"THE WIRE"が最高に面白かったけど、この”ザ・シールド”は更に強烈なリアルさを感じる....

 ロサンゼルスにあるはずの架空の街を舞台に犯罪者達と渡り合う、凶悪犯罪専門の警官達”ストライクチーム”のとんでも無い実態をメインに物語は進む。

 彼等のリーダーは”ヴィック・マッキー” 彼は、国の法律なんて遵守するつもりはなく、自分の決めた法にだけ従順。彼が所属する警察署の人間にも、街角のワルどもにも、彼のルールを破らせる事を許さない!

 とにかく彼等は自分の信じる正義の為には手段を選ばない。とか書くと、まるで正義のヒーローのようだが、本当に彼等は汚れだw押収した麻薬は自分に上がりを献上する売人に売り渡すし、縄張り争いしていた者同士を殺し合わせたり、黙りを決め込む犯罪者に暴力をふるって口を割らせたり、証拠のねつ造なんて当たり前だし、自分達の非合法な活動の証拠を探っていた警官は撃ち殺してしまうし....誰が悪者か分らなくなるw

 ただリーダーのヴィックにも苦悩はある。勝手な話だが、上記のやり方も彼なりに街を愛した結果の行動なんです。彼は普通に家族を愛しているし、自分を頼り慕う者なら警官だろうと、犯罪者だろうと命を賭けて助けようとする。だから完全に彼の行動を非難する事が難しい。最初は彼を頭から否定し排斥しようとしていた署長でさえ、彼のやり方の必要性を一部認め受け入れてしまうほど彼のやり方がこの街では有効だったのです....


 多くの犯罪者から街を守るには、彼のような方法で街をコントロールするしかないのだろうか?破滅的に泥沼なストライクチームの行末が大変気になりこれからも目が離せない....(。-`ω´-)ンー



 AXN公式 http://axn.co.jp/program/shield/ 

この記事へのコメント