君の野生は何処にある?「兎〜野性の闘牌〜/伊藤誠/竹書房」

写真-194.JPG

 今年は兎年。うさぎって聞くとこの漫画が真っ先に思いつく僕は、麻雀を全然しません!やってもせいぜいTVゲームだけです。脱衣系の....♡

 ハーフだかクォーターだかのせいで、髪や瞳の色を理由に苛められる高校一年生”武田俊” 彼はそんな境遇のせいか危険を察知する能力に長けていた。しかし、ある女の子に騙され、賭け麻雀に参加させられてしまう。しかし、そこで彼は、持ち前の兎のように危険を察知能力を活かし勝利するのだった。
 その能力を目の当たりにした女の子に、促されるように彼は賭け麻雀の世界へ足を踏み入れる事になる....

 彼が足を踏み入れたのは、"ZOO"と呼ばれるプロの代打ち集団。そこではメンバーの名前を全て動物の名前で呼んでおり、彼等のほとんどはまだ高校生くらいの若い男女ばかり。そんな彼等が何故麻雀の代打ちなんてヤクザな世界へ足を踏み入れたのか、そしてZOOを作った中心人物”風間巌”の目的などを中心に物語は動いてゆき、だんだん主人公の影は薄くなっていく....まあ、よくある話ねw

 まあ、伊藤誠氏は昔から絵は上手い作家さんだし、まとまりが悪い割に引き込まれる空気感を持った独特の作品ばかりで好きだったのですが、掲載雑誌の休刊のせいか、作者自身の長期連載に堪える事の出来ないストーリー構成のせいか、なかなかぱっとしなかった....
 で、この”兎”も数巻で終わりそうな展開で進み、これでおしまいかな?と、いうところで新たな敵が出現!テコ入れで連載が伸びた時、この漫画は人気が出たんだなぁ〜っとしみじみ思いましたね......


 それにしても、いつの間にかゲーム化してアーケード展開し、それがPS2にまで移植されたりするとは驚きでした。”舞弥”を読んでいた頃は売れて欲しいと思っていたけれど、いざ売れてみると、実の子供が巣立ったみたいで少し切ないなぁ....
 でもそろそろ麻雀じゃないお話を描いて欲しいと思う今日この頃ですw

 あ、そうそう!美形キャラを描けるのに、オッサンキャラがこんなに熱い漫画はなかなか無いですぞ!!(☆∀☆)ニヤ  


 近代麻雀公式 http://kinma.takeshobo.co.jp/story/usagi/

この記事へのコメント