2010年WRCを微妙に振り返る♪

WRC
 さあ、シーズン終了を迎えたWRCですが、去年のヒルボネン対ローブの白熱した戦いを目にした多くのファンにとって、今年の成績はかなり予想外だったのではないでしょうか?


 昨シーズン、あれだけの戦闘力を見せたフォード・フォーカスを駆るヒルボネン。今年も開幕戦を制し去年の勢いそのままに行くのか!誰もがそう思ったはず。なのに.....その後の彼の走りは精彩を欠き、チームメイトのラトバラに先を行かれる事の方が多かった。

 去年と立場が入れ替わったようなフォードワークスチームに戸惑わないわけがないwww去年のラトバラはそれほどヘタレだったw僕らの知らない所で、ヒルボネンになにか変化があったのかな?いやぁ、実に勿体ない...


 一方、ヒルボネンのふがいない状況から、ライバル不在で勝ち続けるローブ。今年は正直、ローブが強過ぎるので、彼が失敗する事を逆に期待しちゃうくらいだったwミスをしても大きなものではないし、可愛げの無い事極まりない!まあでも好きなんだけどw可愛いよねローブ♡


 で、仕方無くローブが強過ぎるぶん、他のドライバーに注目が集まりましたよね。


 来年はトップチームでローブのチームメイトになる”セバスチャン・オジェ”は、今年のソルドがあまりに遅いため、グラベルがメインのラリーの時は代わりにワークスマシンに乗るなど、もう1人のセバスチャンに迫る速さの片鱗を見せてくれた。

 三十も半ばになった”ペター・ソルベルグ”は、その年齢を感じさせない早さを随所で見せた。ただ、ワークスマシンとの性能差に泣かされ、優勝する事は叶わなかった...

 今年は勝ち続けるローブより、プレス対応の上手いペターが大いに盛り上げてくれた感じした♪ボクとしては、ローブと同じマシンで彼には勝負させてあげたいです。もの凄い勝負が見れそうでしょ?来年も良い戦いを見せてくれ!ペター♪



 来シーズンは、現行のマシンから新マシンでのWRCが始まるわけだし、ローブが楽に勝てるかどうかわからないかもw ニューマシン、MINIの参戦、新しいチーム体制によってWRCの勢力図がどう変わっていくのか、考えただけでわくわくですなww来年まで待て無いぞ!キリ




 あ、そうそう!フォードはいい加減ターマックで勝てるマシン作ってね♡(★'v`人)





この記事へのコメント