今年も泣いてしまった...「安藤裕子LIVEツアー2010"JAPANESE POP"」/札幌 Zepp Sapporo

 去年のベスト盤に合わせたツアーも素晴らしかったですが、今年のLIVEも素晴らしかった♡

 今回は、急遽LIVEに行く事を決めたので、前回一緒に行った方を誘う暇が無く、僕一人でのLIVE参加となりました。そして、これが始めての一人ライブw正直淋しかったwww
 周りは男女のカップルや、友人同士で来ている方が多く、ましてや男性で一人で参加してる人なんてほんのわずか....まあいいけどw


 チケットをとるのが遅かったため席は後ろの方。それでも真ん中あたりに居られたので、裕子ちゃんの視線をビシビシ受けられて最高でした♪自意識過剰な男なら、「僕だけを見ていた」なんて触れ回るとこだよww

 曲順に自信が無いけれど、一曲目は”私は雨の日の夕暮れみたいだ”で、だいたいアルバムに収録されている順に演奏していたような気がします。ニューアルバム以外からは、ノリの良い曲が多かったかな?”海原の月” ”パラレル” ”み空”  ”Green Bird Finger” "雨月" 僕の記憶ではこの6曲。”海原の月”が流れるとやっぱ泣きたくたくなるし、”雨月”はめっちゃ印象に残りました!なんか”椎名林檎”さんのような雰囲気で良かったなぁ♪

 そう言えばカバー曲も披露してました!「くるり」の”WORLD'S END SUPERNOVA”を歌ってましたけど、なかなかにカッコ良かった♡ LIVE一曲目からバンドがガツン!と来るあたりも含めて、安藤裕子は”ロック”な人種なんですよねぇ♪だから「くるり」の曲とか歌っても違和感まったく無いです。可愛い赤いドレスを着ていたけれど、男前に見えたよw

 
 そんな力強く歌いあげる彼女の声には、いつも心が締め付けられる...アンコール前のラスト曲(確か”歩く”)に泣きそうになっていたら、僕以上に彼女が泣いていた。彼女自身がそれほどまでに入れ込む何かがあの曲にあったのだろうか?と、少し心配になるくらいだった....
 その涙の理由だったかどうかは分らないが、アンコール一曲目の”青い空”の誕生した理由を僕らに教えてくれて、いつもは自分の歌を先入観なく皆それぞれ好きに受け取り、聴いて欲しいと思っているそうなのですが、今回はあるファンから貰った便りに答えたものだとあかし披露。この曲を歌いあげた彼女はまた泣いていた....勿論、僕も(ノ_・、)

 自分の道に迷い彼女へ救いを求めたファンに答えた一曲だと分ってから聴く”青い空”は、CDとはまた違う曲に感じました。元々良い曲でしたけど、まさかそんな理由があったとは...何処かのライブ会場でそのファンの方が”青い空”を聴いてくれてるといいね♡それで少しでもまた前に進めるようになってくれたら、”彼女”もまた前を向けると思うから....


 ラストの”問うてる”は苦手な参加形w僕も小ちゃい声で裕子ちゃんの呼びかけに答えてました。ら〜ら〜ら〜〜ら〜〜♪

 でも最後にふさわしいポップな曲で(歌詞自体はメッセージ性の強い曲だけどw)、良い雰囲気で終わって良かったぁ...また来年も来てくれるなら絶対行きますからね!是非来年も札幌へ!!出来れば旭川に近い会場だと嬉しいけどね(;´∀`)
 

 ※追伸、各地で曲順は少し異なるようです。

 安藤裕子公式ページ http://www.ando-yuko.com/live/

この記事へのコメント