とうとうホントのげ〜むお〜ば〜♪ 「SAW 3D/ソウ ザ・ファイナル 3D」/ケヴィン・グルタート(監督)/ライオンズゲート(製作)/2010年/映画

 長く辛い、痛みの伴う旅が終わった....思えばあの二人が閉じ込められた地下室から全ては始まった。誰もが唖然とした1のラスト。予期出来た人は間違いなく変人だwww そう言い切ってもいいほどに、僕は驚いた....あれはまさにコロンブスの卵。言われてみれば納得してしまう結末だった。
 あれからシリーズを6本も作られたSAWがファイナルSAWを迎えたわけです。本当に長かった.......(;ω;)


 前回の6で、ジグソウの嫁にあのマスクを付けられ死ぬところだった暴走気味のホフマン。しかし驚異の判断力を見せ生き延び、嫁への復讐を顔と胸に刻んだ.....
 いつもピンチになりながら、上手く生き延びるホフマンはホントに恐ろしい。今回そのホフマンがどうなるのか?嫁の運命は?ジョンが今まではって来た伏線や、その他ジョンの仕掛けから助かった者達の動向など、シリーズの整合性をとらなければならない事がかなり残っていたのですが、それなりの答えが一応用意されていると思っていいでしょう♪

 一部の謎は謎のままでしたが、作品としての落とし所は間違ってなかった。これ以外なら少し無理があり過ぎたでしょうねw一緒に観に行った友人は、シリーズ序盤から匂わせていたパズルのピース形の傷跡の説明が無い!とか言ってましたけど、そんな細かい事を説明するシーンを入れたらバランスが悪くなったと思います。製作総指揮や脚本はほとんど同じ方達がしていたとはいえ、ここまで広げてしまったお話を良くぞここまでまとめたと僕は思います。

 ファイナルでも沢山痛い仕掛けが満載!罠の餌食になる人達の痛みを思わず想像してしまうので、正直気が滅入りました...90分が短く感じるほどのテンポで人が死んでいきます。一人、また一人と.....毎度悪趣味過ぎ!!でも何故か観てしまうのよね♡ニ、ニコ
 ああ、SAW言えば!!今回初めて3DになったSAWでしたが、元のフィルムが3D用じゃなかったのか、僕が観た劇場の3D対策が甘かったのか、それほど出来が良いとは思いませんでした。まあ、それでも残虐シーンはしっかり盛り上げてましたよ3Dで....うへぇ(´Д`;)

 
 何はともあれ、無事終わって良かった♪まだ続けられる終わり方ですが、これ以上は本当の蛇足になってしまう。僕的には、1が終わった段階で2〜6の内容はテレビドラマシリーズにしておいて、最後だけ劇場でやるくらいの方が丁度良かったかなぁと思ったりしてましたけど、こういう作品の続け方もアリでしょうねw これで僕も生還者の一人として、命の有り難みを感じながら生きていけるかなぁ?なんにしても、もう二度とあの地獄はゴメンです....☆ヽ(o_ _;)oバタリ 



 ソウ ザ ファイナル 3D公式ページ http://saw3d.asmik-ace.co.jp/

この記事へのコメント