まだ後5年先だったw『バック・トゥ・ザ・フューチャー』/ロバート・ゼメキス/洋画

 先祖代々ヘタレの家系で、チキン!(腰抜け)と呼ばれるとぷっつん!しちゃう主人公”マーティ・マクフライ” 彼は、友人でマッドな科学者”エメット・ブラウン”通称『ドク』を手伝い、タイムマシンの実験を行った。
 見事にタイムトラベルを成功させ喜ぶ二人の前に、ドクに騙され怒り狂った過激派達が現れ彼等を襲う!そしてドクは過激派の銃弾に倒れ、びびったマーティはタイムマシンの”デロリアン”に乗って逃げるのだが、機械の不具合で30年前にタイムスリップしてしまうのだった......どうなっちゃうの!?どうなっちゃうのよぉ〜!!ってお話w


 バック・トゥ・ザ・フューチャー三部作は、全て子供の頃に家族で観に行った覚えがあります。あの頃の映画館は、一度お金を払えば閉館時間までいても平気♪途中から観て、見逃した冒頭からまた観る事だって出来たわけです。この映画も終盤から観に入った気がwwまだまだ世知辛い事を言わ無い良い世の中でした....

 タイムスリップを上手く利用し良く練られたシナリオで、とてもテンポが良く、個性的な役者達がコミカルに暴れ回る♪ドクの風貌や雰囲気なんか良い味出してたし、シリーズ通して糞まみれになる”ビフ”の馬鹿具合もたまらないwww そうそう!マーティ役の”マイケル・J・フォックス”も微妙なヘタレ具合でバッチリはまり役だよね☆
 
 それから、過去、未来、更に過去へと舞台を移す三部作は、同じ街を舞台にしているので、その変化の具合もまた見所だった。パート1でカミナリが落ちて壊れた時計台、塀の中が好きな叔父さん、未来の流行のファッションはズボンのポケットを外に出す事だったり、細かなディティールが面白さを支えていたのです。”ホバーボード”欲しかったなぁ♪

 後さぁ、インチキ臭い改造を施された車”デロリアン”が、子供の頃とにかくお気に入りで、お金が無くて買えなかったプラモをオモチャ屋で眺めてたっけ....友達の間では、ナイトライダーと並ぶ名車です☆ただプルトニウムが必要だったり、ゴミが必要だったり、カミナリが必要になったり、面倒な車だったけどねw

 肝心のタイムパラドックスについては色々無理があったけど、それを吹き飛ばす破壊力を持ったストーリーの展開力があった。観客皆が一体になって笑い喜び楽しめる真の娯楽映画でしたね♪ 思わず続編が観たいなんて思ってしまいますが、あれはパート3で綺麗に終わっているのでこれ以上はやはり止めた方がいいですね。
 それに、主役のマイケルはパーキンソン病に苦しめられており、残念ながら長編映画に出られる状況ではありません。彼が健康体であれば、きっと今頃続編の話で持ち切りだった事でしょう....

 
 実は、パート2でマーティがたどりついた未来が五年後の2015年10月26日で、今年は映画が公開してから25周年だそうです。 それに合わせ、25周年のBDBOXが発売になります!三部作に加え、二時間ほどの初出になる映像特典が収められております。観た事無いみんな!BOX買わなくていいから、レンタルで是非チェックしてくれよな(*・∀-)b

 あ〜あ、多分五年経っても車は空を飛ばないだろうなぁ[壁]ω;) イジイジ・・・


 BDBOX案内ページ http://www.geneonuniversal.jp/movie/sp/bttf-bd/

この記事へのコメント