好きだったあの声がまた聴きたい....「rumania montevideo ルーマニアモンテビデオ/GIZA」

 初めて彼等の歌を聴いたのは、”名探偵コナン”のEDテーマでした。きっとファンのほとんどはあの曲から虜になったはずです♪

 「何かが起こりそうな夜は〜祈りをささげて〜目を閉じなよ〜〜♪」by 『Still for your love』

 意味深で切ない歌詞に、ジャンル分け出来そうにないけど、聴けば直ぐに彼等の曲だと分るメロディ〜が合わさって、なんとも言えない魅力を放っていた。なにより、グループ名が新鮮だったなぁ〜♪
 
 ルーマニがメジャーデビューする前は、インディーズで出していた音源が英語の歌詞ばかりの曲で、”三好誠”さんの曲はともかく、彼の姉”三好真美”の英語での歌唱力不足は否めなかった。メジャー曲がほぼ日本語で勝負した事から考えても、自分達の方向性を修正してメジャーへの道を選んだって事だったのかなぁ?実際英語で歌ったpicnicより日本語の方が僕は好きだったし、良い修正だったと思うけどw

 その後、GIZAの性格上アニソンとのタイアップでモンスターファームのアニメのOP&EDに使われたり、順調に活動が進むかと思ったのに....
 翌年発売された『恋するベティー』、その後のセカンドアルバム『Girl,girl,boy,girl,boy 』が発売されてから、どうも風向きがあやしくなってきたんですよねぇ。恋するベティーは、ルーマニの中でも異色なほどポップできゅ〜と☆だったし、僕は大好きで何度もリピートして聴いてたけど.....メンバーは嫌だったのかな、あの方向性に行くのが?
 なかなか方向性が一致してるグループなんて無いもんなぁ...大抵解散の理由はそれ!って話が多い業界ですw

 ルーマニの活動が進まなくなったら、三好兄弟以外はほとんど仕事が無いわけで、そんな余った?メンバーで活動しだした事もメンバー同士の不仲を疑ってしまう原因にもなってしまいました。
 ”RAMJET PULLEY”それがルーマニから産まれた新たなユニット!ボーカルは棘が無く澄んだ声で優しいイメージ♪ただ、逆に考えると、パンチが弱いって事なんです。緊張感のある1stアルバムはともかく、2ndアルバムはそこまで好きじゃなかった....人によっては充分聴き応えはあるんでしょうけどねw個人的には残念でした。1stなら自信を持ってオススメします!ルーマニは知ってるけどRAMJET PULLEYは聴いた事が無い方は、1stから聴きましょう♪

 もとよりルーマニが完全に復活するまでのつなぎだったわけで、やっと二年ぶりのアルバムが出た時は本当に嬉しかった!絶対もう自然消滅だと思ってましたからw
 ただ、喜んだのも束の間、これが最後のCD、最後のアルバムとなってしまった....なんでやねん!!売れんかったのやろかぁ....ε=(´ο`*)))ハアー


 幸い、それなりに音源を残してくれたルーマニ。思い出しついでに聴く分には充分なボリュ〜ムがあります☆この曲を聴きながら、いつかまた、出会えるその日を夢見て...(*´ω`*).。oO♪tender rain 優しくふたりを包み込んで〜別々の道でもう迷わぬように〜遠く遠くいても〜あなたの声を胸に抱いて歩いていくから〜揺るぎないモノが〜今はあるから〜♪


 追伸、この頃からGIZAへの不信感がつのり始めました........


 
 何故かまだあるから期待しちゃう公式ページ http://www.giza.co.jp/rumania/#
 

この記事へのコメント