ぱられる世界にこんにちわ〜♪「デュアル!ぱられルンルン物語/AIC/WOWOW/1999年」




 現実にはいないロボットが見えてしまう高校生”四加一樹"(よつが かずき)が、憧れの先輩(真田三月)にそそのかされ連れて行かれた自宅では、マッドサイエンティストの父親(先輩のねw)が待ち構えていて、彼に見えるロボットがいるはずの平行世界へ送り出そうとするのだった....


 天地無用の大ヒットで、全盛時代を迎えていたAICブランドに、翳りが見え始めた頃の作品であるこのアニメ、舞台や設定は違うものの、他の異世界作品と同じく女の子にモテモテな主人公のドタバタ劇でした。AICのお家芸だから仕方無いけど、ちょっと芸が無いよねw他の有名アニメからパクってる部分もあるし、つぎはぎ感が否めないかも.....
 
 昔の栄光にすがるようなスタイルでアニメを作り続けたらファンは離れてしまうよなぁ...あ、こんな事書いてるけど僕は好きなんだよこの作品www結局ベタな展開に弱いわけですよ♡パラレルワールドならではの設定もなかなか良かったですしね♪
 
 肝心のメカですが、それほどカッコイイかどうか微妙だったので横に置いておいて\(-_\)(/_-)/、キャラについて話しませう♪ AIC物の主人公の中でも、結構真面目でネガティブシンキングな主人公なので、モテモテでも嫌味が無いw逆に天地無用の天地はうさん臭い奴だった気が.....w
 ヒロインは微妙にツンデレな”真田三月”、異星人で主人公にしか心を開かないロボっぽい”D”(ディー)、せっかくのロングへヤーが1話だけでさようなら〜♪すっかり短くなって魅力が半減した弥生・シュバエル、この世界での三月が”羅螺みつき”三月とは正反対な性格でおしとやかさんだったりw この四人から個人的に選ぶと、Dが好きだったなぁ〜♪ロボ娘なとこがツボ過ぎたw(*^m^*) ムフッ


 未成熟な作品ではあったけど、充分楽しかった♪この頃のAICアニメは面白かったなぁ.....ε=(´ο`*)))ハアー
 

  追伸、EDテーマが好きでした!


 

この記事へのコメント