イカレタ野郎どもが帰って来た!「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」/ジョー・カーナハン(監督)/リーアム・ニーソン(主演)/2010年/米国/映画

 てっ〜てれって〜〜とぅららら〜ら〜〜♪耳触りの良い軽快なテーマ曲に乗せて、80年代にテレビの中で大暴れした痛快ドラマ「特攻野郎Aチーム」が21世紀に殴り込み!?女、子供にゃ勿体無い!ちょいとメタボが気になりだしたそこの m9( ゚д゚)っ おっさんにこそ観て欲しい!! こいつを観なきゃもっと太るぜ(o^皿^)\ニパッ♪



 舞台はイラク戦争末期。USドル紙幣の原版をテロ組織が所有していて、テロのための資金に使っていると言う情報がAチームにもたらされる!Aチームは、極秘裏に上司から原版と紙幣奪取の特命を受け、見事にその作戦をやってのけるが、米軍を裏切った集団に原版を奪われ、そのうえ特命を与えた上司も殺されてしまい、その罪がAチームに着せられてしまう...どうなっちゃうのAチーム?

 今回の映画版は、4人が出会った話から始まるので、まったくAチームを知らない人でも娯楽映画として観る事が充分出来ると思います♪しかもピンチからの起死回生と言う、Aチームの十八番な展開で始まるので、Aチームがどんな部隊なのか良くわかる事でしょうw

 掴みの出来はまあまあなのですが、吹き替えでドラマを観ていた日本人には違和感がある部分が何カ所かあるかと思います。まず大きい違いは、ニックネームが無いキャラがいる事でしょう。字幕で観たので吹き替えでどうなっているか分りませんが、僕らに馴染み深い”コング”は本名の”ボスコ”、あるいは”B・A”、いかれたパイロットの”モンキー”も、”マードック”と本名で呼ばれていて少し残念... 2人のニックネームについては日本でしか使っていなかったようです。いっそ日本だけ全員愛称で呼べば良かったのにww

 あと少し気になったのは、Aチームの無邪気なほどの明るさが少し足りなかった気がします。意外にメンバーが真面目で、ギャグやおふざけはパンチが若干弱かったかな?個人的にはもっとギャグテイストが強くても良かったと思います。テレビであんなに陽気だったハンニバルが渋過ぎて悪い意味で格好良過ぎww 「96時間」で娘を助ける為に暴れまくるお父さん役や、「シンドラーのリスト」で主役のシンドラーを演じてアカデミー賞で主演男優賞を貰うほどの男がハンニバル役ですから、そりゃ品が良過ぎるはずですよw もっと見た目からふざけた感じの役者で固めて、超がつくほどのB級映画にした方が面白かったかなぁ(´へ `;) う~~ん
 
 ついでにたいした事じゃ無いのですが、Aチームにこの人有り!なハンニバルが主役とは言えない展開で進み、最後にはフェイスが美味しいところを全部持っていってるのも気になります... ラブシーンを入れる為には仕方無い事かもしれませんが、ハンニバルが中心でまわってこそAチームだと思うんだけどなぁ....

 まあそんな事を言ってもAチームとしてのツボは抑えているのでこれはこれでアリなのでしょう♪ 結構お年を召した紳士淑女も多く見られたので、彼等の感想なんかも聞いてみたいところですなww ただテロップが流れ出してからの離席率は高かったですね。
 テロップが流れ終わった後に、あんなサプライズが待っているとも知らずに帰った方は損したね〜♪ 映画は最後の最後まで観て帰るのがマナーです?!


 ファンなら観に行っても良いかと思います。ファンじゃない方は友達の付き合い程度で良いでしょう♪ とにかくあの音楽を聞いたら黙っていられないオッサンは絶対行こうぜ☆  コングのあの名台詞も聞けるんだ・か・ら♡(☆_,☆o)キラ-ン


公式ページ http://movies.foxjapan.com/ateam/

この記事へのコメント