まだまだ振り返るWOWOWアニメ!だって好きなんだぜ☆「エルゴプラクシー」/WOWOW/manglobe

 前回のビッグオーの様に、これまた汚染されてしまった地球で隔離された環境に暮らす連中の話です。その隔離された都市「ロムド」では、”良き市民”と呼ばれる支配層が、都市の中で暮らす事を完全には許されていない移民を”良き市民への切符”と言う人参をぶら下げこき使い蔑んでいる。
 そのうえここでは、人形のロボット”オートレイヴ”が、人としての規範を市民達に示し街を統制している。マシンが人を教育する事自体恐ろしい事ですね....
 
 ロムドの規範であるはずの”オートレイヴ”だったが、マシンに自我を与えてしまう”コギトウイルス”に汚染されてしまう事件が増え始める。何故”コギドウイルス”が広まり始めたのか?同じ時期に現れた”プラクシー”と呼ばれるバケモノ、市民情報局”の”リル・メイヤー”は、一連の事故を通して、ウソにまみれた”ロムド”に疑いを持ち始める....


 アメコミ風のキャラデザ、乾いた街の空気感、ロボット達の無機質な存在感、サイバーパンクな世界に見えなくも無いが、これはアメコミヒーローモノだよね♪普段は新聞記者、でもヒロインがピンチの時はスーパーヒーローに変身だぜ☆←これだなww 

 そんなアメコミ風ではあってもちゃんと日本人好みのアニメに仕上がってます♪2話から出て来る子供形のオートレイヴも可愛かったしwリルも厚化粧の割に美人さんだよ♪.....ま、それはともかく!肝心のストーリーも、感情に目覚めたロボット達の切ない気持ちが上手く表現されているし、ロムドの外の住民の現実、プラクシー達の存在理由、ロムドの支配者達の真意など、主人公のリルを通して上手く僕らに見せてくれます。良く練られた世界設定と演出の素晴らしさが光ます☆


 村瀬修功さんのアニメはどれも好きですね〜♪寂しがりで不器用な登場人物ばかりなのがまた良いwwまた監督作品見たいなぁ〜(*´ω`*)


 公式ページ http://www.ergoproxy.com/

この記事へのコメント