第二回!ダメダメ積みげ~ま~選手権!?

 さあ始まりました第二回ダメ罪選手権!?今回もダメなげ~ま~の代表のつもりで、書いていきま~す♪



 積む事に意味を見出し、根性の腐ったげーまーになってしまった僕に、残された道は一つ!積んで!積んで!積みまくって!!ダメげ~ま~の☆になる事!?....その夢?が近づく出来事が目の前まで来ました! そう、とうとう累計ゲーム数が後一個で300本になるのです!!


 ここまでの道のりは、長く険しい道でした~。2005年12月10日の発売日にXBOX360本体と一緒に買った”ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド”から始まった箱生活....思えばオンライン対戦が怖くて、なかなかゴールドメンバーデビュー出来ず、”ロストプラネット”に出会っていなければ今もシルバーのままだったかも知れなかったな~....話がずれた(( ̄▽ ̄;))


 話を戻しますが、発売当初PS2や携帯用ゲーム機ほど充実していない国内の箱ゲー事情のせいか、欲しいソフトの量も無難でこの時点では積みゲーがあると言うほどでは無く、健全な箱ライフを満喫していたと思います。海外ゲームを知るまでは!


 XBOX360のメインの市場はアメリカ、欧州、その他世界中で伸び始めていました。一方、発売が遅れたPS3は、次世代機の流れに乗れず、安価な新型の本体や魅力的な独占ソフトにより、売り上げを回復するまでに、大きな溝をマイクロソフトに開けられてしまいました。

 それによりXBOX360のラインナップは充実し、購入を迷うほどの量が世界には存在するのです。ただ、世界で売れるゲームが日本国内で売れるとは限らず、アニメ調のゲームに慣れた国内のゲームファンには、むさ苦しいヒゲのオッサンや、むやみやたらな残虐描写の数々は受け入れ難く、どんなに面白いゲームでも日本国内では発売されなかったり、せっかくローカライズされて発売しても、全く売れない事もしばしば.....



 洋ゲーが売れない理由をあげれば切りがないので今日は書きませんが、それだけ星の数ほどありそうな海外ゲームに手を出したその日から、僕の積みゲー生活は始まったのかもしれませんねぇ....

 海外アマゾンで注文して日本へ転送したり、ヤフオクでちまちまチェックしてみたり、少しでも価格と欲求が見合うソフトがあればドンドン買ってしまいました。 一番やばかったのはヤフオクにハマった時ですね!月に20本近く買った時がありました。後にも先にも最後にしたいです....




 流石にもう熱は冷めて、買っても5本がせいぜいになって来ました。本当に良かったw 一度加熱すると暴走するので自分でも怖いんです.....あれ?いやいや!ダメダメげ~ま~の☆になるんじゃなかったの?そんな声が聞こえる!? い~んです!ゲーム貧乏より実生活の充実をはかる方が大事なんですww 程よく、”生活に負担無く積むげ~ま~”に生まれ変わった僕を見守って下さいd(´・ω-*)



...........あ!肝心な事ワスレテタ!!記念すべき300本目を何にしたらいいか、ご意見待ってます!どんなヤバげな物でも結構!!あなたのオススメを教えて下さいね~よろしく☆-(ゝω・ )ノ゛♥


この記事へのコメント