突然ですが!ポルノファンの皆様、ゴメンナサイ(_ _;)

 LIVE、それは好きなアーティストを生で見、肌で耳で体の全てで、音楽を感じるイベント。LIVE会場はまさに、アーティストとファンが作り出す、異次元空間なのでしょう...

 それは、たまたま仲の良かった知り合いと、久しぶりに会話したある日、「最近LIVE行ってないんだよねぇ....」と言う言葉に、「じゃあ、今度LIVE一緒に行こうか~♪」なんて軽はずみな発言をした事がはじまりでした。
 なんとなく近場でやる予定のLIVEを探してピックアップ。その中から相手に選ばせたところ、ポルノに決まったと言う、ひどく受け身なLIVE参加で、穴があったら入りたい気分です....┏|*_ _|┓
 そんな理由だったので、個人的には本命とは言えないLIVEでしたが、まったく知らない訳でもないし、好きなアルバムもあったので、楽しめるだろうと言う気持ちもあったのですが.....LIVE本番のあの熱気!いくら9年ぶりのポルノ上陸とは言え、ファンがこれほど待ち望んでいたとはおどろきでした。息のあったリアクションで、曲ごとのノリかたを心得た彼女等を見た結果、かなり気後れし乗り切れない始末(/Д`;ァチア~
 彼女等と言ったのは、1500人ほどいた観客のなか、3分の2は女性だったからです。ポルノのファン層がここで良く分かったww
 
 一曲目のメンバー登場の際は、ステージに設置された、リング状のネオン管(だと思う)数本に、メンバーは囲まれ捕われているような状態で、クールでカッコいい始まり方でした~。その後も曲ごとにリングは動き、ときおり歌詞を表示するなど、ネオン管の演出がとても良かったですね~。 
 予想通り、少し前に出たアルバムメインの選曲でLIVEは進み、随所でお馴染みの曲が演奏されるのですが、最近の曲を知らないと僕のようになる事間違いないですねw
 それでもアンコールで演奏する曲は、誰もが知っている曲を演奏してくれたので、会場の盛り上がりは最高潮になっていました!ヾ(*>∀<)ノ゙
 
 いや~これは多分、ファンにとっても、ポルノにとっても、凄く満足のいくLIVEになったのではないでしょうか? 曲中でのオーディエンスのいじり方、MCの面白さ、アンコール後のファンへの挨拶、どれをとっても、ファンをとても大事にしたいという気持ちが伝わってきて、改めてポルノグラフィティの魅力を認識しました。軽い気持ちで参加した自分が恥ずかしい....

 
 こんな僕が言うのもなんですが、ファンの方で、もしまだ行った事がない方がいたなら、いまずぐチケットを予約して下さい!絶対満足出来るはずです!!勿論、黄色いタオルを持参して参加して下さいね(((o>∪<)b

 
 ポルノグラフィティオフィシャルサイト http://www.pornograffitti.jp/

この記事へのコメント