思い出すあの場面「シュタインズ・ゲート ドラマCD 哀心迷図のバベル」

 岡部にクリスが、あるべき現在を語られた時に抜け落ちた、クリスの葛藤がメインになるこのドラマCD。本編ではただの悪党でしかなかった”ドクター中鉢”にも、名誉挽回の機会が与えられてますよw このCDを聴いた今では、中鉢に同情さえ覚えます...(ノ_・、)



 牧瀬親子以外にも、クリスに対するフェイリスの思いにも注目!父である中鉢との絆を信じられないクリスへ、あるものを聴かせるフェイリス...何を聴かせたんだろうね( ̄+ー ̄)キラーン☆



 α世界線 ダイバージェンス0.571046%。クリスが自らの結末を、受け入れるこの時間軸...これさえ聴けば、ラボに駆け戻ってきたあの瞬間のクリスが、”百倍”愛おしくなる事間違いないですw 


 あぁ、次が早く聴きた~~~~~~~~~~~~~~いっΣ(oーДー)ノノ


公式ページ http://steinsgate.jp/

この記事へのコメント