あのカヲルくんじゃ、ありません。「カオルくん/茶屋町勝呂」

※ノーマルな方には、向かない本ですよ~ 
写真-35.jpg
 
 最近はファンタジー色の強い漫画が多い茶屋町勝呂氏ですが、僕はこの時代の漫画の方が好きですね。
 
 どこか、感情の抜け落ちたように見える瞳をした登場人物達は、いつどこに飛んでいくか分からないほどの、空虚で希薄なイメージを受ける。さらに、作画は白と黒のコントラストが印象的で、不気味なほど殺伐とした雰囲気を感じる。
 どぎつい性描写もなく、精神的な問題の中で、誰かのぬくもりを求める少年が主人公なので、男の僕にも普通に読めるBLでもありました。
 
 出版元である大洋図書のCRAFT COMICSは、この時期、芸術性の高い作家が多く、「同細胞生物。」の”夢花李”や、「機会仕掛けの王様」の”高屋未央”、もちろん”茶屋町勝呂”など、妖しい美しさに性別を忘れて読める、知る人ぞ知るコミックでした。今では皆さんメジャーな作家さんになってしまったので、少し寂しい気分です...
 
 過去形で語る通り、今は全くCRAFTはチェックしていないので、良い作家さんがいるようなら、誰か教えて欲しいですね~♪
 

この記事へのコメント