背徳に落ちた都ラプチャー再び「BioShock2」2K Games

 



あの時、全てが終わったはずだった。しかし、また新たな物語が、この海底都市「ラプチャー」で幕を開けた...



 ビッグダディな主人公のため、今回はビッグダディの裏話や、リトルシスターとの密接な関係の理由など、前作を補足するような情報が少しあきらかになる。懐かしい面々も音声メーッセージで登場するw 本筋としては、プロトタイプのビッグダディである主人公と、エレノアと言うリトルシスターとの絆が描かれます。



 せっかくの良さげなストーリーなのだが、字幕によるローカライズのせいで、台無しになっている気がする。ムービーを挟むゲームではないし、情報量の多い音声日記や戦闘中のイベントメッセージを、目で追っている暇など無いし、読んでもテンポが悪くなるo(´^`)o 物語重視な作品ならば、前作ののように日本語音声でローカライズすべきだったと思います。スパイクが何故販売権を取らなかったのかわかりませんが、彼等なら良い仕事をしてくれたでしょうね....(*´・ε・*)σ|| だからって、買うな!なんて言いませんけどねw


 肝心なゲーム的には単調だったかもしれません!? リトルシスターを保護して、アダムを採取し解放する。そのうちビッグシスターとのバトル。基本的にこの繰り返しで、各ステージでボスも出てきますが、影が薄く前作ほど印象に残ったボスはいませんでした。 ただ終盤のイベントシーンは良かったと思います。

 今回は兎に角、主人公とエレノアとの絆、これにかぎります。お互いを思いやるふたりの絆は、嫉妬するほどの結末を迎えます。ある意味究極の愛のカタチかも(*´∀`*)


 今回の完成度を見ると、もう一作完璧なラプチャーを見せて欲しい!そう思うほど、おしい出来だと言わざるえないですかね......とりあえずオン対戦やってみるかな(´v`)ニィ

この記事へのコメント