定められた未来は、何を語る「ファイブスター物語 永野護」

写真-33.jpg 

 
 ジョーカー太陽星団と呼ばれる世界。そこには五つの太陽系が存在し、想像もつかない科学力によって繁栄してきた。その結果この世界に生まれた”騎士”、”ダイバー”、”モーターヘッド”、”ファティマ”その存在は、この星団を混乱に陥れるもの。彼等が存在し続けるかぎり平穏は訪れないだろう。しかし、その創られた命達の、生きた証を目にすれば、誰もが彼等を愛さずには、いられないだろう.....

 連載が始まった86年から、定められた年表上を登場人物達はなぞるように歩いてきた。永野護と言う神のきまぐれで定められた年表には、衝撃の内容が記され、そこにいたるまでの行程が描かれていくと言う、大胆な手法でストーリーは進む。
 無数に引かれた伏線、多すぎる登場人物、こまかな世界設定、そして、時間軸を移動し描かれるエピソード達、何度読み直しても足りないほどの情報量に圧倒されます。主要な登場人物達の戦う理由の描かれ方が特に良いです。数えきれない名台詞とともに、命を燃やしつくして逝く彼等の存在が、この星団の歴史に、計り知れない価値を与えてくれています。”死があるから、生に意味が出来る”そう感じさせられました(*-゛-)

 それからなんといっても”モーターヘッド”の存在を忘れてはいけませんね(*・∀-)b 多くのアニメのメカデザインを担当するも、独特で細部の細かいデザインのため、苦い思いも何度かしている永野氏...ε=(´ο`*)))
 しかし!その細部まで描かれたモーターヘッドだからこそ、いまだ衰えない魅力を放ち、多くのモデラー達に愛されている。僕もチャレンジはしているが、写真を見れば下手さが良く分かると思います(_ _;)アップでの閲覧はしないでね( ̄▽ ̄;)アハハ…
 
 写真-31.jpg
※「ジュノーン、コーラスを守りなさい」とか言いたくなるww
 
 写真-32.jpg
※スピアは設定より長くしてみた。え!長過ぎww
 

 今は永野氏が”ゴティックメード”の制作に忙しいため、ファイブスターが休載中なので、再開が待ちどおしくて仕方ありません。まあ、ファイブスターの休載は今に始まった事じゃないですけどね(´゚ω゚):;*.':;ブッ

 五つの星にまつわる果てない物語ですので、気長に待つのも一興でしょう。とりあえずコミック読み直す時間はたっぷりあるわ・け・だ(´~`;)

この記事へのコメント