雨に流れる過去との邂逅。「HEAVY RAIN(ヘビーレイン)」Quantic Dream/ソニー/2010年/PS3/感想




  雨の日に起こる殺人事件。その現場にはいつも蘭の花と折り紙が...



 プレイヤーは4人の主人公を操作して、街で起こった”折り紙殺人事件”に巻き込まれていきます。過去に息子を自分のミスで亡くした経験のある”イーサン・マーズ”  そんなイーサンとふとしたきっかけで知り合い、事件に巻き込まれていく女性”マディソン・ペイジ”  折り紙殺人鬼の被害者からの依頼で、事件を調べている探偵”スコット・シェルビー”  『ARI』と言う特殊なインターフェイスを使用し、事件を捜査するFBI捜査官”ノーマン・ジェイデン” それぞれの理由で真実に近づいてゆく主人公達...そして驚愕の事実が暴かれる。

 洋画、海外ドラマのサスペンスが好きであれば、間違いなくハマるシチュエーションです。 少し痛いシーンもありますのでお気をつけて...(||゚Д゚)


 このゲームの魅力は勿論脚本だけではありません。注目すべきは、流れる映像、TVの中で起こる事柄に、プレイヤー自らが介入する事によって、ストーリーへの没入感が増すようにゲームシステムが出来ている事でしょう。同じ様にメタルギアソリッドも、デモシーンへ介入する場面はありますが、このゲームの場合は全編がそうです。

 HEAVY RAINは、あらゆる状況で、QTEのように画面表示された操作を行う事になるので、ムービーだと思っても、油断出来ませんw このシステムのおかげで、ムービーの長さを感じず、テンポ良くストーリーを楽しめ、止め時を失う事間違いありません(*^m^*) ムフッ

 ただ、初期型PS3との相性の悪さや、ムービー以外でのキャラクターの操作にややストレスを感じるかもしれません。それでもあまりあるほど、楽しめるとは思います。


 ちなみに、このゲーム4人全員死んでもゲームオーバーになりません。誰が死に、誰が生き残るかで、違うEDを味わう事になります。このへんも新しい要素な気がします。


 それほど操作は難しいゲームではありませんので、初心者であっても問題無いと思います。プロローグのチュートリアル的なシーンをこなした時には、もうイーサンにあなたはなっている事でしょう。言い過ぎか?( ´_ゝ`)プッ


 QTEの新しい姿を感じる、インタラクティブゲームが誕生したと思える秀作でした。パッケージの”鼻”は気にせず、購入してみて下さ~い(≧▽≦)☆ 

この記事へのコメント

  • あまる

    このゲームは話題になってましたね。ちょっとプレイしてみたいけどPS3が無い・・・。

    生存者によってEDが変わるとか・・・すげぇ楽しそう!

    個人的には海外版のパケが好きですw
    2010年05月21日 23:27
  • lain

    北米、欧州、日本でパッケージが違うのですが、欧州版の折り紙が地味に地面に置いてある版が、一番評判良いですねw
    もしPS3を買う事があれば、是非試してみて下さいね~♪
    2010年05月22日 07:13