好きになるのが遅過ぎた...

 聴きたい歌自分で選べるようになったのは、いつ頃だろう?子供の頃は、末っ子の僕にどんな事にも権限は無く、観たいテレビも、聴きたい音楽も、誰かが選んだ物だった。
 
 誰かが選んだ物も悪くは無いし、気に入る事もある...でも、大事なのは"自分で選ぶ”と言う事。与えられた物では意味が無い!自分で選ぶ事が出来てこそ、本当に自分の血や肉になるのだから...
 
 そんな環境のせいか、自分から誰かのCD(当時はテープやレコード)を選び購入したのは、中学生になってからだ。FMラジオを聴き始めた頃に、流れてきた森高千里「雨」。せつなく胸に染み込んでくる歌詞歌声に魅せられ、「ザ・森高」を購入。しかし、収録されていた「雨」アルバムバージョン。俺の聴きたい「雨」じゃねぇ!! と言う苦い思いでも...
 その後も邦楽中心の音楽生活は続き、意味の分からない洋楽には見向きもしなかった。普通にドラマで流行っている歌を聴いたり、好きなアニメの主題歌を聴いたり、ごく普通の選曲達...
 そんな僕の音楽感が揺らぐ事件がありました!いつも洋楽中心の放送なので、聴きもしなかったFM局をたまたま聴いた時にかかってきた曲、The Cardigansの”Carnival”!いままでに耳にした事の無い、伸びやかでしなやかな歌声にメロディライン。「こんな曲ばかりなら洋楽も良いな!」そう思ったものです。しかし、好きになってもお金が無い...CDを買えるようになったのは就職してからです。
 これで洋楽に傾くかと思いきや、なかなか他のアーティストの曲にピンとこず、いつまでたってもCardigans止まり...本当に目覚める迄はもう少し時間が掛かりました。
 そしてとうとう開眼する時がきました!! スカパーで野外フェスの模様が流れそこで歌っていた3ピースバンド”Keane”。ギターのいないバンドなのに曲が奥深く、やさしいメロディ...ボーカルが歌声に乗せる想い惚れた。アルバム即購入ww
 それから、西に良い曲有りと聞けば西へ、に良い曲有りと聞けば東へ、貪欲に曲を探している。世界は広い!いくら探してもキリが無いほどに...  

 あの幼い頃の曲には確かに思い入れはある。でも、それ以上に今の僕が自分で選び聴いている歌達がとても愛おしい。さて、次は誰の歌を聴こうか♪

この記事へのコメント