賞味期限切れの食材まで目を覚ます新世代のXboxと暮らし始めて思うこと

我が家に新世代のXboxがやって来て数日が経った。

特にローンチタイトルを購入したわけでもなく、Xbox One Xも買っていたためグラフィック面での向上で猛烈に感動と云うこともないのに、鼻歌でも歌いそうな勢いで気分よく使わせて貰っている。それは何故なのか?






まずはそう、普通にデザインの良さがあるかもしれない。語弊を生むかもしれないことを恐れずに言わせて貰えば、どんな出会いもまずは見た目で始まる物だ。中身など開いてみるまで分かるはずがないのだから。そういう意味においてXbox Series X(通称XSX)は、とうとう名前通りのシンプルさで登場してくれたから十分に心を掴んでくれた。箱を開封した瞬間から縦置きの際の上部排気口の”たわみ”かたや、その奥に潜むXboxを象徴する緑色の配置でメロメロ(死語)になった。



劇的な変化はないが、そこが良い。






開封してまず思ったのが「意外と小さい」だった。一昔前のマイクロタワーPCより小さいかもしれない。ただ重量はずっしり重く、相当凝縮されていることが伝わって来た。性能の賜物だと思うと、その重さすら愛おしくて仕方なかった。

実際電源を入れてみると、まあ兎に角音がしない。冷却用のファンの音が死ぬほど静かなのだ。「本当にこれで大丈夫?」死んだように眠っている老人を見かけた時のような不安感が喜びと共に訪れた。もしもXSXに初期不良の症状が現れるとしてたら、まず冷却関係のせいになるのではないか?とすら勘ぐってしまうほど静かで快適。これまでXboxはSSDに換装せず使っていたため、本当にこれは嬉しい変革だった。両機持ちの反応ではPS5より静かではないかと言っている人もおり、これは実際に試してみたいものだなと思うものの、ソニーさんの在庫は少な過ぎて我が家にPS5がやってくるのはいつになるか分かったものではない。





まあそんなことを言っても、正直PS5さんがやってきたところで、あまり触る暇はないかもしれない。任天堂さんにも申し訳ない気分でいっぱいなのだけれど(Switchでは、ほぼ数ヶ月ゲームをプレイしていない...)、兎に角Xboxのゲームパスや後方互換が快適過ぎて他に手が回らないのだ。ゲームパスに加入しておけば、マイクロソフトのゲームを発売日から遊べるし、サードパーティの新作も豊富で、今回のXSX発売に合わせてUltimateプランであればEA Play作品も遊び放題になった。快適な遊びを提供してくれるSSDではあるけれど、あれもこれもとインストールしていたら1TBなんてあっという間になくなってしまうのは玉に瑕....Xbox....なんて恐ろしい子........



最後に性能面の話をすると、既存ゲームのロード面の高速化やHDRによるエンコーディングが半端では無くて、XSX向けに最適化されたゲームでなくともサクサク美麗な映像を得られるのがたまらない。ネットには新しいゲームそっちのけで古いゲームをXSXで試すユーザーで溢れ返っている。複数のゲームの進行状況をキープしてくれる”クイックレジューム”機能も素晴らしく、これまたあれもこれもとプレイし易い設計になっており憎らしい。



カメラを動かしても以前のようなチラつきを感じられなかった。静止画像の綺麗さそのままが動いている感じ。PCユーザーはこのレベルを当たり前に体験していたのだろうか?


本当に買って良かった。初代をDOA3との同梱版で購入して以来、ずっとXboxと付き合い続けて良かったと心底思った。

やりたいゲームをやれる機械を買うのは大前提だし、両方買うだけの余裕がない人だって大勢いるのも分かっているけれど、それでも尚、Xboxを試してみて欲しい気持ちは”あの頃”から一切変わらない。買えない機械より買える機械。試すなら今しかないだろう。ファミコンが買えずセガ・マークⅢを子供に買い与えた親が居たように、PS5が買えなかった親がXSXを買うなんて光景があっても良いのではなかろうか?



将来的には、失望が感謝になっているかもしれないのだから.....🎮
posted by lain at 21:25北海道 ☔ゲーム