うつのみこ日誌 (完) 「宇宙皇子」藤川桂介/角川書店/感想

長期に渡る作品と云うのは、どんなものでも作り手のモチベーションに変化が出るものだが、それは受け取る我々も同じで、『宇宙皇子』全48巻を足掛け25年ほど費やし読み終え到来したのは、時の流れとは本当に残酷だと云うことだった。

27E05367-DD42-4795-93B3-14C2BD504C23.jpg
表紙担当の”いのまたむつみ”さんもお疲れ様でした.....



「宇宙皇子」とは、宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999などで脚本を手掛けた”藤川桂介”さんが執筆した歴史伝奇ファンタジーで、壬申の乱が起きた時代の日本を舞台に、神の子でありながら農民の子として地上に生を受け孤児となった宇宙皇子(うつのみこ)が途方もない年月を超えて神籍に至るまでを描いた作品だった。

生まれつき角を持つ彼は金剛山の鬼と呼ばれる修験者達の仲間に迎えられ、鬼の指導者”役小角”のもとで修行し農民を助ける務めを果たすようになり、その過程で彼の生みの親の死の原因となった戦を生んだ朝廷に憤りを募らせ、様々な歴史的人物達と衝突や親交を深めつつ権力者達に抗い続けると云う内容で、霊能力や人外が登場するファンタジーと実在する歴史を融合させた内容が当時は実に新鮮だった。まだラノベと云う括りが無かったジャンルの草分け的な存在であったのだ。

宇宙皇子が連載をスタートした時代はバブル期真っ盛り。だから本作は急激に変化する社会構造への反動が反映されているようなところがある。むちゃくちゃなことを師である小角にやらされても試練なのだと我慢する辺りは昭和の体育会系の匂いがぷんぷん漂っているし、その割に朝廷で埒が明かないなら神だと言わんばかりに天上から地獄まで訪れ、直にルールと云うルールに対し”何故?”を叩きつける血気盛んなところも、今じゃ野党の茶番くらいでしか見られなくなった。今読むと本当に価値観のズレを感じて仕方ない。


女性の扱いに関しても、内助の功と云う言葉が普通に使われていた時代の観念でなされているため、現代女性が読んだら「はぁ?」とブチギレそうな描写もままある。当時は女性のファンが多かった作品だが、今の世代に読ませたら完全に男女比が変わってしまうのではなかろうか?それとも相変わらず男同士の熱い描写に腐れ心を刺激されるのだろうか?まあどちらでも構わないのだけど、要はその時代に合わせて書かれたものは、その時代のうちに消化すべきなのだなと感じたと云うこと。勿論普遍的な部分はいつの時代になっても響くものはあると思うけれど、宇宙皇子に関しては天上編までしかお勧めする気ならない。その後は同じような展開の繰り返しになるし、脚本家である藤川桂介さんの癖がそのまま出ている文章は、セリフ描写が過度なうえ、同じやりとりを何度も書くから堂々巡り感が巻を追うごとに酷くなっていく。主人公同様に試練と信じながらでもないと読み続けるモチベーションは保てなくなってしまうのだ。

毎巻発売日に買って読み続けた人なら、また違う感じ方なのかもしれないものの、何度も1巻から読み直し天上編以降を積むと云う行為を続けた自分としては、気が遠くなる道のりとなった。正直読み終えた時に到来したのは安堵の溜め息で、感嘆のそれではなかった。兎に角結末まで読んだこと自体に満足していた。そんな苦読は今まで経験したこともない。最初は夢中になって読み進めたシリーズである。まさかこれほどしんどいことになろうとは当初露程も思っていなかった。漫画でも長期連載の作品が幾つもあるけれど、常に最新話をチェックしているような熱心な読者は本当に忍耐強いのではなかろうか?...




そういえば高校の頃からハマった超人ロックもここ10年ちゃんと読んでいないような気がする。あれは途中からサブタイトル表記でシリーズ展開しているため、何処まで買ったか、何処まで読んだか、何処から読んだ方が良いか分からなくなってしまうのが悩ましい。聖悠紀さんはパーキンソン病だと聞くし、ちゃんと完結するのだろうか?.....

後からまとめて読むのも良いが、今やっている作品を今読む方が良い場合もある。

そんな取り留めのないことを愚考してしまう宇宙皇子読了でありました。






関連過去記事
posted by lain at 07:13北海道 ☔小説

前置きが長くて全然作品の話してません(真顔)「GREAT PRETENDER」鏑木ひろ(監督)/WIT STUDIO(制作)/感想

日頃我々が目にするニュースの数々は大抵結末を伝えないままフェードアウトしていく。だから最初に伝えた内容が、どれだけ誤ったものであっても、そのほとんどは修正されることなく終わる。無罪のニュースが冤罪ニュースより多く報道された例は稀だ。

「どちらでもよい」

結局自分が当事者になるまでは大勢がそれくらいに考えているだろうし、それくらいに考えていなければ頭がおかしくなりそうなほど哀しい事件が日々起きている。捕まった犯罪者にも何か理由があったのではないか?などと感傷に浸る暇さえ与えてもらえない。でも、それで良いのだろう。殺すだけの理由を知ってしまったら”仕方ない”が暴走するだけの話なのだ。それこそ歯止めが効かなくなる。

同様にやられたからやり返すと云う発想も危険だ。殴られたから殴り返す。金を取られたから取り返す。そうした短絡的な発想の極致が戦争であることからしても愚行でしかないことは明らかである。あぁそれなのにそれなのに、人間は兎に角反撃が大好きだ。大好物だ。スター・ウォーズ然り、半沢直樹然り、劣勢な側に肩入れするのが堪らなく好きなようである。


だが冷静になって考えて見て欲しい。映画やドラマで登場人物の行動原理が描かれていない状況でも、同じように肩入れするかどうかと云うことを。例えば(貞本義行さんがキャラデザだからじゃないが)エヴァが碇ゲンドウの過去話を一切やらなかったとしたら、彼を擁護する人は激減するであろうし、半沢直樹にしても金が絡む以上綺麗事がまかり通るわけがないのに、彼の両親の設定一つで彼のやることが正しいとされてしまう。やっていることは金融業界の政争でしかないのにだ。

多分GREAT PRETENDERにも同じことが言えるだろう。騙されても仕方ない連中だから騙して良いと云うお話なのだから。








弱い者が強い者に知恵で勝つ。一見すればそういうストーリー構図だが、実際に彼らが弱い存在であるかと言えば否である。マフィアのボスから金を巻き上げたり、石油王を裏カジノで嵌めたりすることが、弱い者に可能なわけがない。詐欺集団の連中が脛に傷持つ者達であると描いているからこそ、見る側はウッカリ彼らを応援したくなってしまうが、基本的には強者に過ぎない。元々本物の弱者とは反撃などしない生き物なのだ。我の強い者同士の争いなど迷惑なだけ。

もしかすると、詐欺師に向いていない主人公の存在が無かったら、最後まで見ていなかったかもしれない。逆にそこをしっかり抑えてくれたからこそ、ご都合な茶番を堪能出来たのだろう。主要人物がほぼ死なない騙された側も陽気にさせるような優しい世界を、なんだかんだ言いつつ楽しんだ自分は救い難い人間だなと苦笑いしながらこれを書いている。最後にもう一度あの子の笑顔を見れた瞬間の表情など、誰にも見せられやしない.....




やり返せるだけの力があれば、そりゃあ誰でもやり返すのかもしれない。所詮何を言っても弱肉強食の世界なのだから。でも本当にそれで良いのだろうか?

この作品がフィクションで良かった。心底そう思う。





posted by lain at 22:06北海道 ☔アニメ

賞味期限切れの食材まで目を覚ます新世代のXboxと暮らし始めて思うこと

我が家に新世代のXboxがやって来て数日が経った。

特にローンチタイトルを購入したわけでもなく、Xbox One Xも買っていたためグラフィック面での向上で猛烈に感動と云うこともないのに、鼻歌でも歌いそうな勢いで気分よく使わせて貰っている。それは何故なのか?






まずはそう、普通にデザインの良さがあるかもしれない。語弊を生むかもしれないことを恐れずに言わせて貰えば、どんな出会いもまずは見た目で始まる物だ。中身など開いてみるまで分かるはずがないのだから。そういう意味においてXbox Series X(通称XSX)は、とうとう名前通りのシンプルさで登場してくれたから十分に心を掴んでくれた。箱を開封した瞬間から縦置きの際の上部排気口の”たわみ”かたや、その奥に潜むXboxを象徴する緑色の配置でメロメロ(死語)になった。



劇的な変化はないが、そこが良い。






開封してまず思ったのが「意外と小さい」だった。一昔前のマイクロタワーPCより小さいかもしれない。ただ重量はずっしり重く、相当凝縮されていることが伝わって来た。性能の賜物だと思うと、その重さすら愛おしくて仕方なかった。

実際電源を入れてみると、まあ兎に角音がしない。冷却用のファンの音が死ぬほど静かなのだ。「本当にこれで大丈夫?」死んだように眠っている老人を見かけた時のような不安感が喜びと共に訪れた。もしもXSXに初期不良の症状が現れるとしてたら、まず冷却関係のせいになるのではないか?とすら勘ぐってしまうほど静かで快適。これまでXboxはSSDに換装せず使っていたため、本当にこれは嬉しい変革だった。両機持ちの反応ではPS5より静かではないかと言っている人もおり、これは実際に試してみたいものだなと思うものの、ソニーさんの在庫は少な過ぎて我が家にPS5がやってくるのはいつになるか分かったものではない。





まあそんなことを言っても、正直PS5さんがやってきたところで、あまり触る暇はないかもしれない。任天堂さんにも申し訳ない気分でいっぱいなのだけれど(Switchでは、ほぼ数ヶ月ゲームをプレイしていない...)、兎に角Xboxのゲームパスや後方互換が快適過ぎて他に手が回らないのだ。ゲームパスに加入しておけば、マイクロソフトのゲームを発売日から遊べるし、サードパーティの新作も豊富で、今回のXSX発売に合わせてUltimateプランであればEA Play作品も遊び放題になった。快適な遊びを提供してくれるSSDではあるけれど、あれもこれもとインストールしていたら1TBなんてあっという間になくなってしまうのは玉に瑕....Xbox....なんて恐ろしい子........



最後に性能面の話をすると、既存ゲームのロード面の高速化やHDRによるエンコーディングが半端では無くて、XSX向けに最適化されたゲームでなくともサクサク美麗な映像を得られるのがたまらない。ネットには新しいゲームそっちのけで古いゲームをXSXで試すユーザーで溢れ返っている。複数のゲームの進行状況をキープしてくれる”クイックレジューム”機能も素晴らしく、これまたあれもこれもとプレイし易い設計になっており憎らしい。



カメラを動かしても以前のようなチラつきを感じられなかった。静止画像の綺麗さそのままが動いている感じ。PCユーザーはこのレベルを当たり前に体験していたのだろうか?


本当に買って良かった。初代をDOA3との同梱版で購入して以来、ずっとXboxと付き合い続けて良かったと心底思った。

やりたいゲームをやれる機械を買うのは大前提だし、両方買うだけの余裕がない人だって大勢いるのも分かっているけれど、それでも尚、Xboxを試してみて欲しい気持ちは”あの頃”から一切変わらない。買えない機械より買える機械。試すなら今しかないだろう。ファミコンが買えずセガ・マークⅢを子供に買い与えた親が居たように、PS5が買えなかった親がXSXを買うなんて光景があっても良いのではなかろうか?



将来的には、失望が感謝になっているかもしれないのだから.....🎮
posted by lain at 21:25北海道 ☔ゲーム