”行ったフリ”をしなければ、もしかすると「きまぐれオレンジ☆ロード」に出逢っていなかったかもしれない

小・中学生の頃、週に1、2度剣道を習いに行っていた。実際には習いに行っていたと云うよりも、行かされていたが正しい表現で、面白がっていたのは数年だけ。中学に上がった段階でかなり興味を失っていた。とにかく防具が汗臭いし窮屈だし叩かれるし未だに良さが分からない。何度やめたいと言っても「もう少しやってみたら?」の一点張りだった母にもウンザリで、いよいよ行ったふりをし始める始末。剣道教室をやっていた体育館に隣接していた公園を抜けた先の小さな商店街で時間を潰すのが日課になっていった。

商店街で1番長居したのは、当時地元では最大手だったスーパーの2階に間借りしていたおもちゃ屋さんで、何かを買うといつも「大事に使ってね」と微笑む店主の顔が今でも浮かんでくる。2店舗あったそのおもちゃ屋さんも、時代の流れと共に役割を終えてしまった。あのおじさんは、まだ健在なのだろうか?

そして、そのおもちゃ屋さんと同じくらいお世話になったのが、スーパーの斜め向かいにある建物にテナントで入っていた名前も思い出せない書店さんである。その建物はどんな店が入っても直ぐ入れ替わってばかりで、書店も毎度客は数人と云う閑散ぷりだったが、照明すら薄暗い店内の雰囲気は嫌いではなかった。あの時代は漫画本がビニールに包まれていないことが多く、立ち読みもし放題。長く居座っていると店員が近くに寄ってきて、露骨に本の整理や掃除をしだしていたのも今では良い思い出だ。「きまぐれオレンジ☆ロード」と出逢った場所としても忘れられない書店であることは間違いない。

※Kindle Unlimitedで無料

スクリーンショット 2020-10-13 23.30.59.png
※でもやっぱこっちの表紙だな俺のきまぐれオレンジ☆ロードは




ストーリーを簡潔に説明すると、超能力を持つ家系に生まれたこと以外凡庸な主人公が、悪ぶっている以外真逆なタイプの女の子二人に惹かれ、読者を三角関係と云う蟻地獄に引き摺り込み、延々とヤキモキさせ続けると言う極悪な作品である。絶妙な匙加減のお色気も魅力的だったが、陰キャには一生縁がない王道青春ストーリーがたまらなく胸に刺さったものである。アニメ化もなされ、OVAや劇場版と10年近く展開していったため、幅広い層にファンは居たのだろうけれど、今回の訃報で自分より遥かに若い方が反応しているのが印象的だった。

スクリーンショット 2020-10-13 23.53.04.png
※一見きまぐれに見えるが、友情にも恋にも誠実でありたい”まどか”さんの気丈さは本当に格好良かった。

スクリーンショット 2020-10-14 0.09.07.png
※子供っぽく恭介にアプローチし続ける”ひかる”ちゃん。序盤は作者からも雑な扱いを受けているが、それでも恋を諦めない彼女は尻上がりに魅力的な女性へ変貌していく。





正直言って故人の作品はきまぐれオレンジ☆ロード以外だと短編を少し読んだことがあるだけなのだが、以外が必要ないくらい楽しませてくれた気がしてならない。”まつもと泉”さんご本人が、それに対しどう感じていたのかは分からないが、大事にしたい作品であったことは揺るがないはずだ。


恋に恋せざるえない罪作りな作品を遺して下さって、本当にありがとうございました.....

僕は結局そんな恋には終ぞ縁がありませんでしたが、あなたの素敵な恋の呪縛は、この先も誰かを悩ませることでしょう.....

お疲れ様でした.....








ちなみに、一番好きな女性キャラは恭介の妹であります。

スクリーンショット 2020-10-14 0.08.45.png
スクリーンショット 2020-10-13 23.45.32.png

まなみちゃん大好き.....


posted by lain at 01:13北海道 ☔漫画