死に近づく日に感謝の言葉を

先週末の土曜日の肉の日、42度目の誕生日を迎えた。

その日も普通に働き、普通に草臥れて帰宅したわけだが、普通に日付を記入するような事務仕事もこなした割に、自分の誕生日であることに気づきもせず、帰宅後家族に言われてようやく思い出した。日頃から自分の誕生日なんてどうでも良いと言い続けて来たが、とうとう気づかない程どうでも良くなって来たようである。


「誕生日を迎えると云うことは、死に一歩近づいた証拠でしかないのに何がめでたいのか?」



これまでそう嘯いて来た。それは本心でもあるし、逃れられない真実でもある。でも生まれてきたことを肯定する意味での「おめでとう」があることも分かっている。そしてその手の言葉に最近弱い。独り強がっていられる季節は、とうに過ぎ去ってしまった。42歳とはそういうものなのだ。

Twitterで誕生日を失念していたと素直に呟いた土曜の夜、正直”いいね”すら期待していなかった。何せ土曜の夜だ。ほとんどの人は休日である。呟きを逐一見ている暇などないだろう。にも関わらず数人の方が返信までくれた。「おめでとう」と。年下のフォロワーはいつもより堅く、同年代に近い人はざっくばらんに言葉をくれた。普通に嬉しい誤算だった。

Twitterを始めて10年経ち、親しくしていた人のほとんどは呟かなくなったり、方向性がズレて絡んでくれなくなった。こちらからの一方的な”いいね”しか存在しない相手もいる。こちらの呟きに興味がない、もしくは不快だと云うなら解除なりブロックなりして欲しい無反応の相互フォローの方も増えたが、そう言っている自分も、そうしないのだから不思議な距離感である。



どんな形であれ、繋がっていることに安心を得ているのだろう。どんなにスタンドアローンでありたい、自分はそれで大丈夫と思っていても、心の深いところでは誰かや何かを頼ってしまう自分がいる。身体以上に心を蝕むコロナ渦であればこそ、強くそう感じる出来事だった。




おめでとうを云える全ての人に、おめでとうが届く世界でありますように。

そう祈るくらいは許されそうな気がした。
posted by lain at 02:20北海道 ☔雑記

スペースインベーダーと同い年ですo┐ペコリ 「ハイスコア: ゲーム黄金時代(原題:High Score)」Netflix/感想

今や世界経済を支える存在の一つとして認識されているTVゲーム産業。次世代の端末が出る度使用するエネルギー量が増えているため、温暖化の槍玉に上げられてしまうなんてこともあるくらいだ。

所謂ゲームがここまで広く受け入れられたことに関して、紐解く知識も分析力も自分には無いので語れないが、ファミリーコンピュータ後期からTVゲームに触れて来た者として少なくとも言えるのは、最早確たる歴史を背負った文化として扱うべき存在だと云うことである。千年、何百年と継承されて来た根源的な”其れ”と比べれば浅いし、電気が無ければTVゲームなどゴミ屑でしかない。しかし我々は既に知ってしまったのだ。この体験は”此処”でしか味わえないことを。そして未だ成長の途中であることを。







アーケードゲームが全盛だった70〜80年代の話題から、カセットを入れ替えて遊ぶ家庭用ゲーム機の誕生、そしてアタリショックに至るところまでを、その当事者達を交えて語っていく番組なのだが、これがなかなかどうして絶妙なバランス感覚で軽くも無く、かと言って重すぎない内容でゲーム好きにはたまらない内容だった。アメリカで『PONG』が人気になって以降、互いに影響を与え続けて来た日米の歴史と言っても過言では無いスペースインベーダーやパックマン、そしてゲーム会社アタリを例に挙げつつ、勝手にゲームを改造していた人たちの商魂逞しい様や、ある意味彼らの功績と言えなくも無いゲームのブラッシュアップについて取り上げたり、世界初のカートリッジ式ゲーム機を作った名も無き会社員の話題まで挿入しているのが面白いドキュメンタリーだった。まだeスポーツなんて云う呼称が存在しなかった頃に、アタリに移植されたスペースインベーダーを使った全米大会で優勝した人が当時を思い出している姿も印象的で、アメリカでもそれだけ人気があったことを今更ながらに知った。シンプルであればあるほど面白い物とは国境を越え易いらしい。


兎に角、作り手の中でも情熱より商業が先行されているような気がする最近の業界ではあるが、黎明期と同様とまでは行かなくとも、少しでも足掻いてくれる作り手が増えることを祈るばかりだ。小島秀夫氏などを見ていると、まだやれることが”この”業界には残されていると感じられるのではなかろうか?







にして、初のカートリッジ入れ替え式ゲーム機を作った方の息子さんと孫がゲーム機で遊ぶ様子も流れていたが、端子部分に息を吹きかけるのは万国共通だったのが、この番組視聴のハイライトだったかもしれない.......w








posted by lain at 07:14北海道 ☔ゲーム

”鉄は熱いうちに打て”が出来なかった続編の見本「パシフィック・リム: アップライジング」スティーヴン・S・デナイト(監督)/感想

連休が終わりに近づくと鍋の締めは炭水化物でと決めている人みたいに、Netflixを観始めてしまうのだが、別にこれでなくても良かったかな?と少し思ってしまった。






異世界と繋がっている裂け目からやってくる怪獣達を退けるため、二人乗り(3人乗りもある)の馬鹿でかい人型兵器”イェーガー”を作った人類。多大なる犠牲を払いつつも、なんとか怪獣の侵攻を食い止め裂け目を閉じることに成功したと言うのが前作までの話。そして今作はその”犠牲”の一人となった男の忘形見が地球の危機を救う話になっていたわけだが、あれだけ大ヒットした映画の割にテコ入れらしいテコ入れもなく、悪い意味でも良い意味でもB級映画なままで鑑賞後なんとも言えない気分になった。

大抵新規作品が成功した場合、続編で少々金の掛け方が雑になると云うか普通増えるものだと思う。限られた空間を最大限に活かして成功した「SAW」などは2作目で予算が3倍以上膨れ上がったものである。にも関わらずパシフィック・リムは3/4ほどに圧縮し監督も降板。どうも製作会社間の摩擦の結果映画作りが円滑に行かないと云う分かり易いモデルケースになってしまったようである。仕舞いには中国マネーが入り込んで作品内容にも影響が出ており、どこまでがデル・トロ氏の残したネタであるのかも怪しい限り。英雄の息子である主人公が、自分は自分だと頑張る姿は、まるで続編をなんとかものにしようと足掻く監督そのものだったのかもしれない。




続編は1作目を越えられない。それは誰もが知っている不文律だ。ごく稀に出来の良い続編に出逢うこともあるが、”初めて”の感覚を与えてくれるのは当然1作目なのである。記憶をリセットでもしない限り続編には分が悪い勝負だ。とりあえずその部分を考慮するならB級として普通に面白い映画ではあった。絶望的に強い怪獣との戦いだけじゃなく、でかいロボット同士が戦う場面もあるし、パシフィック・リムらしい絶体絶命感もそこそこ出せていた。あの男が凶行に走るストーリー運びも必然に思えた。でも、だからこそ足りなかったのがB級らしい笑いのボリュームだったのではなかろうか?前作は二人の学者のユーモアのお陰でシリアスとのバランスが絶妙で、彼らがMVPだと感じた人も少なくなかったはず。残念ながら今回それに代わる笑いは得られなかった。新しいことをやれていないことは仕方ないにしても、そういったバランス感覚にはもっと気を配って欲しかったと云う気持ちは抑えきれそうに無い。

この内容であればTVシリーズでサイドストーリー扱いでやるなりした方が良かったことだろう。収益的には問題無さそうなので、デル・トロ氏が何らかの形で関わってくれるなら、まだ先を見てみたい気はするものの、これ以上ブランドイメージを下げないで欲しい気もする。

金を出す連中が欲をかかず、すんなり短いスパンで続編を作っていれば、作る側も見る側も熱の入り方がまた違ったのかな?とも考えてしまう2時間となった。



posted by lain at 06:14北海道 ☔映画