俺はネギ大好きです(はぁと)「王様になれ」the pillows/BD/感想

ピロウズが映画を作る。そう聞いたのはライブ会場でだった。

その時は正直、30周年の思い出作り程度なんだろうと思ったものだったが、好奇心が勝ってBDを観た今となっては、本当に良い作品になっているじゃないかと独り反省している。


でもまあ、さわおさんも驚きの仕上がりなのだから勘弁願いたいものだ。





”the pillows”の名と「王様になれ」の文字でこのブログに飛び込んだ人であれば、説明する必要は無いと思うけれど、pillowsは様々な困難を乗り越えて30年続いたバンドであり、我々ファンが困難を乗り越える為の手助けをしてくれたバンドでもあります。報われない想いを抱えた人に寄り添うだけでなく、時には心を鬼にして突き放す歌詞の数々に、僕も何度奮い立たされたかしれない。

本作の主人公はカメラマン志望の青年。本業はアシスタントばかりで写真も撮らせてもらえず身内のラーメン屋でアルバイトの日々。しかしそのラーメン屋での出逢い(女性)が彼を変えていく。ピロウズを聴くようになり、ガムシャラに夢を追いかけ出す。仕事や彼女との間で失敗を繰り返し、折れそうになっても前に進む彼の姿は、まさしくピロウズそのものである。



青春映画としては至極平凡な作品なんだろう。夢を諦めきれない青年と、病気を抱えた女性のプラトニックな恋の物語と言うのは酷く使い古された題材だ。ピロウズファン以外が観ても満足いくかどうかは分からない。ただ、逆にピロウズやゲスト出演しているアーティストのファンであれば確実に刺さる一本に仕上がっている。間延びするかしないかギリギリの線までライブシーンはガッツリ収録されており、シーン毎の楽曲合わせが非常に練られていて効果的だった。元の音源がシーンに合わないが、どうしても”それ”使いたい時は新録まで行ったと言う劇伴も含め、監督のピロウズに対する理解が深くないと出来ない仕上がりだったと言える。

役者に関しては、じわじわハマっていったような気がする。主役の青年役である岡山天音くんの独特な演技や、主人公が指導を乞うカメラマン役を演じた”岡田義徳”さん、そして要所をしっかり締めてくれたヒロイン役の”後東ようこ”さん等の演技はなかなかにあとを引いた。さわおさんの演技もかなり怖かった(真顔)低予算でスケジュールがキツい中、ここまでやれるのがプロの仕事なのだ。物作りは突き詰めるとキリがないから、完成させることの救いと苦悩は計り知れない.....





本編視聴後に一気見したビジュアルコメンタリーやメイキング映像も面白く、監督がいかにピロウズの色を映画に活かそうとしていたかが伝わった。しんどい現実を叩きつけるだけでなく、笑いどころも満載で娯楽としても楽しめた。普段は映画の監督などやったことがないオクイシュージさんらしいバランス感覚なのかもしれない。

なんにせよ、ピロウズ愛を一身に受けた唯一無二の一作で間違いない。本当に30周年おめでとうピロウズ。




お陰で久々に”久しぶりじゃないか”と、言われに行きたくなった.....





posted by lain at 00:31北海道 ☔映画