こいつは二つ欲しくなるアイテムだ「サイボーグハンド」エレキット/感想

連休最終日である昨日、少し遅めの朝食を食べていたら上司に呼び出された。不要かどうかは分からないが、このご時世に遠出してヤラカシタ人の案件に対応する為だ。お陰で4時間が虚空に消えた。


そうなって来ると最後の追い込みを意地でもやりたくなるもので、帰宅後は◯HKのラジオで放送していたガンダ◯三昧Zを聴きながら思い出に耽りつつ、作る作ると後回しにしていたこいつを何時間もかけて組み上げた。

IMG_3316.jpeg





それこそ何年ぶりか分からない程ぶりにニッパーとヤスリ関係を引っ張り出し、説明書に記載されたパーツをランナーから切り取ってゲート処理するだけで非常に楽しかった。時間もないし目立たない程度に処理出来れば良いかと思っていても、ついつい細かい部分を綺麗にしたくなって随分とかけてしまったが、ホースの長さを間違えた以外はほぼ満足のいく仕上がりで嬉しくなった。

IMG_3365.jpegIMG_3366.jpeg

IMG_3367.jpegIMG_3369.jpeg
各パーツが一つ一つ出来上がって行くのがたまらなく気持ちいい

IMG_3370.jpeg



8個のシリンダーに水を入れ、その圧力で指を動かすと云う10才向け工作キットなのだが、意外と細やかな作業を要求される部分も有り、場合(子供が不器用)によっては親が一緒に作ってあげるのも良いのではないかと思う。それこそGWの各家庭にコレがあったら最高の暇つぶしになったことだろう。勿論自分用に買うのも大有りだ。パッケージのイメージ通り、そそるフォルムとカラーリングをしているし、何より出来上がったらパワードスーツ的な遊びが出来るのが最高である。

IMG_3371.jpeg
剥き出しの圧力シリンダーや

IMG_3372.jpeg
トリガー部分のカラーリングまで男の子心を擽る



IMG_3382.jpegIMG_3381.jpeg
指の開きや親指部分の位置を変更出来るため、こんなことも出来るそうだ(左手にも対応出来る)





こういうのは昔から大好きだ。食べることも飲むことも忘れてゾイドを組んでいた幼い頃を思い出す。流石にあの頃のように説明書無しでガンガン組んで行くのは無理だが、作る楽しさに溢れた良い買い物だった。積んでるプラモにも手をつけたくなると云うものである。

あのウイルスにより、ウンザリするような毎日が続いているが、買えないなら作ろうとなったマスクのように、自分の手で何かを作る大変さと面白さを思い出すには良い機会になっているような気もする。

仕事がしたいしたくないに関わらず休めない人も休める人も、今暫く頑張ろう。


IMG_3379.jpeg
流石にマウスは......w







posted by lain at 06:52北海道 ☔TOY