これほどタイトルで一般客を逃してる秀作も珍しいのでは?「劇場版 幼女戦記」カルロ・ゼン(原作)/上村泰(監督)/NUT(制作)/感想

なんの予備知識も無く観だしたアニメがツボにハマる、なんてことが時折あるけれど、幼女戦記のTVシリーズもまさしくそれで、マトモな神経の持ち主ならタイトルの段階で接触を避けるであろうネーミングセンスとは裏腹に、実際の戦史を元にした骨太な戦局の描き方や、神に翻弄される主人公の変わりそうで変わらない性根と見た目とのギャップに心のスイッチをあちこち押されまくった。



そんな幼女戦記の劇場版が5月からNetflixに追加され、この度めでたく観てしまったわけだが、ちゃんとTV版を復習してから観て良かったなと思った。意外に内容を忘れている部分もあって、見直していなければ冒頭のシーンの段階で置いてきぼりを喰らったかもしれない。逆に復習しておいたからこそ、冒頭のシーンの痺れっぷりったらなかった。元々TVシリーズの作画は綺麗なので、劇場版だからの上積みはさほど感じないが、ここぞと言うシーン一つ一つを大事に刻んだ構成とカメラワークの良さがすこぶる良いのだ。動きの激しいアクションシーンにしても作画枚数に対する迫力のコスパが半端では無い。これぞ日本の伝統芸能だと声を大にして言いたいくらいの仕事っぷりである。




当たり前に観てしまいがちなシーンの一つ一つに実は良さがあるのだろう




幼女戦記と云えば、キャラの描き分けの良さもある。渋いオッさんから幼女まで、役所に関係無く個性を感じるのだ。みんな大好き女性キャラも某人気アイドルアニメとは違い、瞳からしっかり差別化されていて好印象しかない。ちなみに、個人的に大好きなのは瞳の大きさが特徴的なヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ。声が早見沙織さんであることも後押しになっているが、なんと云っても”あの”主人公の相手をいくら天然とは云えこなせている有能っぷりや包容力に惹かれてしまう。まるでいつも一緒にいてくれるワンコのような存在なのだ。

IMG_3493.jpeg


ついでに主役の萌え話をしてしまえば、普段小さく描かれている口が豪快に馬鹿でかく開かれる瞬間もツボに入る。幼女の顔が悪魔の如く歪む瞬間がたまらなく好きと云う救い難い御仁だって多かろう。存在そのものが性癖である悠木碧の演技もすこぶる高回転だから仕方あるまい。全く何を演らせても面白い声優である。

それはそれとして、転生物で魔法が存在する世界観でありながら、魔法だけではどうにも出来ない現実的な戦争をメインにしたのは正しい選択だったなと改めて思った。正直主役の魔法が万能過ぎては面白くもなんともないのである。戦局が頭に入り易い構造と云い良く練られた作品だ。原作もさぞかし面白いに違いない。


ただ、おじさん的にこれから原作を追うのは流石に辛いので、是非とも更なる続編をアニメでやって欲しい.....が.....どうなることやら........







posted by lain at 06:56北海道 ☔アニメ

俺はネギ大好きです(はぁと)「王様になれ」the pillows/BD/感想

ピロウズが映画を作る。そう聞いたのはライブ会場でだった。

その時は正直、30周年の思い出作り程度なんだろうと思ったものだったが、好奇心が勝ってBDを観た今となっては、本当に良い作品になっているじゃないかと独り反省している。


でもまあ、さわおさんも驚きの仕上がりなのだから勘弁願いたいものだ。





”the pillows”の名と「王様になれ」の文字でこのブログに飛び込んだ人であれば、説明する必要は無いと思うけれど、pillowsは様々な困難を乗り越えて30年続いたバンドであり、我々ファンが困難を乗り越える為の手助けをしてくれたバンドでもあります。報われない想いを抱えた人に寄り添うだけでなく、時には心を鬼にして突き放す歌詞の数々に、僕も何度奮い立たされたかしれない。

本作の主人公はカメラマン志望の青年。本業はアシスタントばかりで写真も撮らせてもらえず身内のラーメン屋でアルバイトの日々。しかしそのラーメン屋での出逢い(女性)が彼を変えていく。ピロウズを聴くようになり、ガムシャラに夢を追いかけ出す。仕事や彼女との間で失敗を繰り返し、折れそうになっても前に進む彼の姿は、まさしくピロウズそのものである。



青春映画としては至極平凡な作品なんだろう。夢を諦めきれない青年と、病気を抱えた女性のプラトニックな恋の物語と言うのは酷く使い古された題材だ。ピロウズファン以外が観ても満足いくかどうかは分からない。ただ、逆にピロウズやゲスト出演しているアーティストのファンであれば確実に刺さる一本に仕上がっている。間延びするかしないかギリギリの線までライブシーンはガッツリ収録されており、シーン毎の楽曲合わせが非常に練られていて効果的だった。元の音源がシーンに合わないが、どうしても”それ”使いたい時は新録まで行ったと言う劇伴も含め、監督のピロウズに対する理解が深くないと出来ない仕上がりだったと言える。

役者に関しては、じわじわハマっていったような気がする。主役の青年役である岡山天音くんの独特な演技や、主人公が指導を乞うカメラマン役を演じた”岡田義徳”さん、そして要所をしっかり締めてくれたヒロイン役の”後東ようこ”さん等の演技はなかなかにあとを引いた。さわおさんの演技もかなり怖かった(真顔)低予算でスケジュールがキツい中、ここまでやれるのがプロの仕事なのだ。物作りは突き詰めるとキリがないから、完成させることの救いと苦悩は計り知れない.....





本編視聴後に一気見したビジュアルコメンタリーやメイキング映像も面白く、監督がいかにピロウズの色を映画に活かそうとしていたかが伝わった。しんどい現実を叩きつけるだけでなく、笑いどころも満載で娯楽としても楽しめた。普段は映画の監督などやったことがないオクイシュージさんらしいバランス感覚なのかもしれない。

なんにせよ、ピロウズ愛を一身に受けた唯一無二の一作で間違いない。本当に30周年おめでとうピロウズ。




お陰で久々に”久しぶりじゃないか”と、言われに行きたくなった.....





posted by lain at 00:31北海道 ☔映画

おっさんは何故野郎の声優ばかり気になる身体になってしまったのか?

GWを名残惜しく見送った月曜日。思い返せば休み中、花◯夏樹絡みの動画ばかり観ていたような気がする。

すっかり業界の寵児マフィア梶田

これをフルで観たくて有料会員に入ってしまった

超面白い時のガキの使い以上に腹筋崩壊



昔からアニメは好きだったものの、声優へ興味を持ち始めたのは高校生ぐらいになってからだった。丁度界隈は第三次声優ブーム真っ盛りで、林原めぐみ、椎名へきる、國府田マリ子、等々、次々と声優がアイドルのように持て囃され、今現在の声優ビジネスへと繋がる基盤が組まれつつあった。ぶっちゃけ見た目なら本業のアイドルの方が可愛らしい人は居たし、歌唱力だって同様である。にも関わらず彼女達に夢中になってしまうのは何故なのだろうか?その昔声優ブームを特集した番組で、人気の理由にもっともらしいことを言っていたが、未だに自分は明確な答えを持ち合わせていない。

あえて云うなら二次元キャラへの思い入れが中の人のイメージにまで影響している面もあるだろう。実写畑の役者に対してもそうだと思うが、受け手は役柄だけを見て相手のイメージを膨らませる傾向にある。有名人が事件を起こす度にショックを受ける人達などはまさしくそれだ。自分たちのイメージを押し付けることが、役者を苦しめる結果になっているかもしれないことに少しも想いが及ばずにいる人を見掛けると、非常に残念な気分になるのと同時に、自分はそうなっていないか?と思わされる。

ただ、今の声優ブーム的には少し違うかもしれない。有名人なのに友達感覚だから好きと云う感覚が勝っているような気がする。少なくとも自分のような中年の場合だと、イケボなのにコンプレックス丸見えでゲーム配信をする中年声優や、腹黒を隠そうともせず何処にそんな暇があるのかYouTubeに動画を上げまくっている超人気声優の子供じみた様子等たまらなくツボに入る。有野や有吉のゲーム番組にしても、お高くとまっているからではなく、とても身近に思える腕前(下手)だからこそ、応援したくなったり、自分もやってみようなどと思えてしまうのではなかろうか?そして声優は一般人と芸能人の狭間のような絶妙さでポジショニングしているからこそ我々は惹かれてしまうのではないのか?

女子だって勿論好きだ

どちらも正規ルートの動画でなくてすまん。


でもやっぱり安定の杉田で〆る




プロゲーマーの超絶プレイを観るのは確かに面白い。バラエティ番組だって本業の人たちの計算し尽くされた物の方が洗練されている。

なのに何故こんなに声優達の悪ふざけに惹きつけられてしまうのか?だらだらと書いても、これしかないと云う理由は見つかりそうにない。

確実なのは、花◯夏樹がくそ面白い事実だけだ。

IMG_3406.jpg


posted by lain at 02:48北海道 ☔アニメ