声優を抱える事務所は酒と煙草に代わる発散方法を推奨して欲しい....後生ですから....

数年前、病気療養で一時仕事を休んだ後、現場に復帰していた藤原啓治さんが亡くなった。僕らは当然身内でもなんでもないから、なんの病だったのか?完治したのか?等は分かっていなかった。こうした結果に繋がったと云うことは、つまりそういうことだったのだろう。

近年はまるでクレヨンしんちゃんなど見ていなかったし、アイアンマンもさほど興味が無かったため、個人的に藤原啓治さんの声で印象に残っているのはエウレカのホランドやハガレンのヒューズのような重要なポジションを占める脇役達、そして様々な作品でのナレーションのお仕事だったかもしれない。器用に声を使い分けるようなことは出来ない方だったからこそ、一声聴けば誰なのか分かってしまう方だったなぁと思う。優しい中にも厳とした意志があって、飄々としていてもそれだけではないものを匂わせる、主役以上に作品に貢献出来る存在でした。本当に惜しい人を亡くしたとしか言えません.......







こうした時期に、またも辛いニュースが重なるのはしんどいばかり。

そろそろ声優の短命を嘆くのもいい加減嫌になる......


あぁ....どうせならコロナが居なくなれば良いのに.........

posted by lain at 07:23北海道 ☔雑記